韓国のお肉事情をまとめてみました。

スポンサードリンク

少し恥ずかしい話ではあるのですが、

「ねえ、あなたスーパーでお肉買ってきて」

と妻から言われると、私は、ドキンとします。

なぜ、そうなってしまうのか、その理由も含めて、今回は、韓国のお肉事情について、少し書いていこうと思います。

韓国のお肉屋さんの特徴

私がお肉を買う時、緊張する理由は、韓国のスーパーのお肉コーナーは、対面販売をするところが多いからです。

IMG_1729

もちろんEマートなどの大型スーパーだと事情が違ってくるのですが、普通のスーパーだと、昔ながらの量り売りスタイルのところが多く、お店の人とコミュニケーションをする必要があります。

もちろん、私も韓国語で最低限の会話は出来るのですが、肉の細かい種類とかはうまく聞き取ったり説明したりすることが
できないので、ちょっとドキドキしてしまう訳です^^;

その代わり、対面販売であれば、

「カレーを作ろうと思っているんですよね」と言ったら、「じゃあ、切っておきますね。」

「カレーだったら、こっちの方が脂身が少なくていいですよ」

といろいろ対応してくれのでその点では助かります^^

スポンサード リンク

日本のお肉事情との違い

日本では、鶏肉→豚肉→牛肉という順番で高くなっていきますが、韓国では、豚肉→鶏肉→牛肉という順番で高くなっていきます。

(それでも妻の話では、昔に比べると豚肉も大分高くなったそうです)

また、鶏肉は、ほとんどが骨付きなので、料理に使う時は、用途が限定されてしまいます。

Eマートでは、骨なしの鶏肉を最近は売るようになってきましたが、一般のスーパーでは、あまり見かけません。

だから我が家がカレーを作る時は、必然的にポークカレーになります^^;

牛肉は、外国産と国産(한우)に分かれますが、国産の方が、外国産に比べると2倍以上高いです。

あと、忘れてはならないのが、韓国では、よく食べるのが、オリコギです。

IMG_3758

いわゆるアヒルの肉ですね。

値段も結構安いですし、オリコギのいいところは、普通の肉が酸性なのに対して、オリコギはアルカリ性だということです。

だから、健康的なお肉だとも言えます^^

こんな感じで、韓国のお肉事情は、日本と結構違っているところが多いです。

そんな違いを感じつつ、最近は、自分自身のお腹のお肉が、気になりつつある今日この頃です(・_・;)


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

2 Responses to “韓国のお肉事情をまとめてみました。”

  1. ttkazoku より:

    アヒルって初めて知りました~!
    味は鳥肉に近いのですか?

  2. ケン より:

    ttkazokuさん
    いつもコメントありがとうございます。
    オリコギは基本的にはスモークして焼くのが
    一般的なので、香ばしい感じがします。
    食感的には、鶏肉と似ているかもしれませんが、オリコギは、とにかく柔らくてジューシーなのが特徴です。
    実際、表現するのは難しいところもあるので、
    今度、韓国へ来られた時は、是非、
    召し上がって下さいね^^

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ