韓国の演歌にハマった小五の息子

スポンサードリンク

我が家の子供たちは、最近、韓国の歌をよく口ずさむようになってきました。

それは、それで別に構わないのですが、問題は、その選曲です。

一時期、中三の息子が、キム・ボムスの보고싶다(ボゴシプタ)という歌を歌い始めました。

そして、長男につられて、小五の次男も、その歌を歌い始めるようになりました。

この歌は、韓国ドラマ”天国の階段”の主題歌として日本でも有名ですが、もう二度と会えない恋人に死ぬほど会いたいという実に悲しい曲です。

さすがに、そんな悲しい曲を毎日歌うのは、やめてくれと、私と妻は苦情を言い続けました。

すると、しばらくしてから、小五の次男が、韓国の人気演歌歌手오승근(オ・スングン)の내 나이가 어때서(ネ・ナイガ・オッテソ)
という歌を歌い始めたのです。

enka


えっ・・・・・・・・・・

ちなみにこの歌のタイトルは、日本語で、“僕の歳がどうしたというだ”という意味です。

つまり、「愛に歳は関係ないでしょ。
泣いてしまうほど、あなたを愛している~」

という歌なのです。

まあ、愛する人と歳が離れているという観点では、子供が歌っても理論的には間違っていないとも言えますが・・・

実際、妻の話では、カラオケで、上司がいつもこの歌を歌ってるそうで、ご年配の方には大人気の演歌です。

この演歌を実に気持ちよさそうに歌っている息子を見ると、どんな言葉をかけて上げたらよいのか、正直よく分かりません(-_-;)

ちなみに、私が韓国に来てから、好きになった歌は이적(イジョク)という歌手が歌っている하늘을 달리다(ハヌルル タリリダ

※”空を駆ける”という意味)という歌です。

家族の中で気持ち的には私が一番若いと思います( ̄^ ̄)

韓国には、いろいろなジャンルで、良い歌がたくさんあるので、皆さんも、オススメの歌があったら是非、教えて下さい^^


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ