韓国で子供達が公文をスタート!日本との違いは?

スポンサードリンク

先日から、子供達が公文を始めることになりました。

韓国にも公文があるのですが、日本の公文とははっきり違う点があります。

それは、日本だと、くもん、いくもん!ですが、韓国だと、くもん、くるもん!だということです。

つまり、先生が家に来てくれます^^

我が家の場合、毎週水曜日の夕方に先生が来て、教えてくれることになりました。

IMG_3562

そこで一人20分ぐらい教えた後、宿題をドバっと渡して、“じゃあ、来週までにやってきてね~”というスタイルになっています^^

気になる料金ですが、日本語だけは、1ヶ月25,000ウォン(約2,500円)
日本語以外だと、1ヶ月27,000ウォン(約2,700円)

です。

中三の長男は、国語、数学、英語、小五の次男と小二の娘は、日本語と国語を学ぶことになりました。

全部合わせると、毎月、2万円弱ぐらいになりますが、ハグォン(塾)にガンガン送っている他の家から見ると、全然、大したことのない出費です*(^^)*

ちなみに、日本語を教えるといっても、先生が、そんなに日本語が出来るわけではありません。

あくまでもベースは教材です。

IMG_3568

あと、日本語を発音する機械を使ったりします。

それでも教材に書いてある日本語を発音する子供の様子を見ると、やっぱりうれしくなってしまいますよね~p(^^)q

スポンサード リンク

我が家の子供達の日本語レベル

ちなみに、移住してから2年以上も経つと、中三の長男は、時々日本語がおかしくなり、小五の次男は、日本語が少したどたどしくなり、小二の娘は、日本語がかなり怪しくなり、
という状況になってきています。

(私も時々日本語がおかしいと指摘されることがあります。)

これをきっかけに、子供たちの日本語力の低下に何とか歯止めが掛かってくれればと思っています。

父親というのは、結構単純な生き物みたいで、娘と日本語で話が出来ると、とてもうれしくなり、娘が韓国語で話し始めると、ちょっと淋しくなります。

移住すると、ちょっとセンチメンタルになってしまうのかもしれませんね(・_・;)


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

4 Responses to “韓国で子供達が公文をスタート!日本との違いは?”

  1. ttkazoku より:

    韓国は教育熱心なお国柄、くもんでもなんでもあるんですね~!ちょい聞いた話ですが江南辺りだと塾代に月10万とかって本当ですか?
    物価の高い日本でも、あり得ない金額ですけど…

  2. ケン より:

    ttkazokuさん
    コメントありがとうございます!
    私も妻に聞いた話で申し訳ないのですが、
    塾代に10万円以上かけている親は、
    たーくさんいるそうです。
    また、私が恩平区に比べると江南は、
    私立高校の学費も2倍
    塾のお金も2倍
    もちろん物価も断然高いという
    話も聞きました。
    ちなみに韓国は、塾がすごいですけど、
    逆に、学校側のやる気が
    あまり感じられないところが
    ありますよね~^^;

  3. おばあさん より:

    こんにちは
    韓国の教育事情たいへんですね。
    韓国は思考の国なんでしょうか。まだ、組織はしっかりしてない気もするけど。
    ドラマを見ていても、兄弟達を大学に行かせると皆頑張って働いていますよね。
    それだけ、大学出との給料などの格差があるのかと思います。
    日本もそうですけど。
    ちなみに私の友達は、公文の先生で自宅で教室を開いています。
    月に塾代10万円なんて聞いたらびっくりするかも。

  4. ケン より:

    おばあさん様
    コメントありがとうございます。
    そうですね。
    韓国は、大企業と中小企業へ行くのとでは、給料に雲泥の差があるので、みんな必死になっているところはあると思います。
    日本は、バランスの取れた教育が素晴らしいと思いますよ。韓国は、良くも悪くも一点集中型です。
    ここら辺は、またいろいろ分かってきたら書いていこうと思います^^

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ