チムジルバンとハンジュンマクの違いって何だ?

スポンサードリンク

韓国は、体をしっかり暖めてくれる施設がたくさんあります。

サウナ
チムジルバン
ハンジュンマク

ところで、これらの違いって分かりますか?

実は、私も最近こういった施設へ行く機会がいろいろあって、やっとその違いが分かるようになりました^^;

チムジルバンもハンジュンマクもサウナの一種ではあるのですが、サウナへ行って、”サウナだけ”と言ったら、いわゆる日本でもお馴染みのお風呂とセットになったサウナだけ利用できるようになっています。

サウナは男性と女性に分かれて服を着ないで入るところです。

チムジルバンやハンジュンマクも利用したければ、最初の受付のところで、サウナとのセット料金を払います。

そうすると、茶色っぽい服を渡されます。

チムジルバンやハンジュンマクは、お風呂やサウナで体を洗ったり温めたりした後、専用の服を着て、男女共有のスペース
行き、利用するようになります。

チムジルバンとハンジュンマクの最大の違いは温度です。

チムジルバンは、常温のものもあれば、70℃ぐらいのところもありますが、いわゆる低温サウナです。

その一方、ハンジュンマクは、部屋がトーム型の形をしていて、かなり暑いのが特徴です。

下に何か敷物を引かないと熱くて座れません^^;

チムジルバンは、かなり長くいても大丈夫ですし、中でスマートフォンを見ている方も多いのですが、ハンジュンマクは、スマートフォンを持って行ったら壊れます。

チムジルバンは、低温なので、中で寝る人もいますが、ハンジュンマクで寝ると危険です。

(というか、あまりに暑いので、寝る気分にはなれないです^^;)

韓国には、サウナ、チムジルバン、ハンジュンマクの施設がたくさんありますが、規模によって、●サウナだけのところ

●サウナとチムジルバンだけのところ
●サウナとハンジュンマクだけのところ
●サウナとチムジルバンとハンジュンマクと
全部あるところ

という感じで分かれています。

ちなみに、先日、日本から来られた先輩と一緒に、我が家の近くにある、ハンジュンマク(汗蒸幕)へ行ってきました。

해주전통한증막(ヘジュ伝統汗蒸幕)
という名前で、ソウルのヨンシンネ駅からタクシーで10分ぐらい行ったところにあります。

IMG_3419

(住所もソウルではなく、京畿道のコヤン市というところにあります)

ここは、サウナとハンジュンマクだけがあるところで、結構、こじんまりとしたところではあります。

先輩も私もすごく暑いのは苦手だったので、ハンジュンマクにはちょっと入って出て来てしまいました。

私もその時は、チムジルバンとハンジュンマクの違いがよく分からなくて、「チムジルバンへお連れします!」と言っていたので、少し申し訳ない気持ちが・・・

ただ、私の妻は、
「チムジルバンだと全然汗をかけないのよね。やっぱりハンジュンマクじゃないと!」

と言っています。

ここら辺は、好みの問題もありますよねー^^

施設情報

施設名:해주전통한증막
住所: 경기도 고양시 덕양구 용두동 432-77
電話番号:02-387-7667
アクセス:ソウルのヨンシンネ駅からタクシーで10分
世界遺産である서오릉(ソオルン)からだと歩いて5分


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

2 Responses to “チムジルバンとハンジュンマクの違いって何だ?”

  1. ほわ より:

    なるほどー!(・_・)
    そうだったんですねー!
    私も暑いのは慣れないので、
    ハンジュンマクは厳しそうですー
    今まで行ったところにも、ドーム型?の
    かなり高温の部屋?がありましたが
    それが、ハンジュンマクだったのかな。。
    砂時計1回で出てきました笑

  2. ケン より:

    ほわさん
    コメントありがとうございます。
    そうですね。
    はい、それ、ハンジュンマクだと
    思います。
    私も、体の芯から温まる前に
    出てしまいました(>_<) ハンジュンマクの出口の扉が 開かなくなったらどうしよーとか 変な妄想にとらわれてしまったりもして・・・ もっと訓練しないといけないですよね^^;

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ