韓国では引っ越しに段ボールを使わない!?

スポンサードリンク

先回、韓国で引っ越しをしたというお話を書きましたが、その時、韓国の引っ越し方法は日本と比べていろいろ違いがあるなあと感じました。

その一つが荷物の梱包方法です。

妻が、引っ越し業者に依頼をすることになったので、

「じゃあ、段ボールたくさん送ってもらったら」

と言ったのですが、実際に届いたのは、プラスチックのかごでした。

IMG_2999

ちょうど、スーパーの買い物かごをデカくしたような感じのものです。

その後、衣類や布団を入れるものも送ってとお願いしたところ、今度は、プラスチックのケースが届きました。

IMG_3027

どうも韓国の引っ越しでは、段ボールを使わないようなのです。

韓国の段ボールって弱いというイメージがありますが、そういった事情も理由の一つとしてあるのかもしれません。

段ボールを使わないことによるデメリット

実際、使ってみると分かったのですが、段ボールに比べると、プラスチックのかごはかなり不便です。

まず、かご自体で、結構、重たいです。

引越し業者の方からも、

「本だけを入れ過ぎないようにして下さいね~」

と言われてしまいました^^;

そういった意味では段ボールに比べて、思ったように荷物を詰め込めないところがあります。

そして、もう一つのデメリットは、うすうす感じてはいたのですが・・・

荷物を引っ越し先の家に運んでもらった後、引越し業者の方から、

「はい、じゃあ箱の中を空にして下さ~い」

と言われてしまいました。

やっぱり(;´∀`)

段ボールであれば、しばらく部屋に置いて、後からゆっくり荷物の整理をすれば大丈夫です。

しかし、プラスチックのかごやケースであれば、業者の方に、すぐ返さないといけないので、荷物を取り敢えず出さないといけません。

あっという間に、新しい家は、整理されない荷物が散乱してものすごいことになってしまいました・・・

スポンサード リンク

でも、本当は・・・

ただ、今回、手伝いに来てもらった妻の弟に聞くと、

「本当は、40万ウォン(約4万円)ぐらい払ったら、業者の人が梱包して、
本棚とか運んだあと、同じ場所に入れるところまでしてくれるよ。」

とのこと。

確かにそこまでお願いしたら、荷物が家の中に散乱することもなくなるわけですね。

実は、今回、お金も荷物もあまりなかったので、14万ウォン(約1万4千円)で済ませてしまいました。

でも、後から、考えれば、出すべきお金はちゃんと出して、しっかりやってもらえれば良かったかなあと少し反省しています。

実は、お金も思ったより、掛からないことも分かりましたし^^

今回の教訓は次回の引っ越しにしっかり活かしたいと思います!


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

2 Responses to “韓国では引っ越しに段ボールを使わない!?”

  1. はぁ。 より:

    こんにちは
    お金を払えば、日本でイメージしているような引越しも可能なわけですか。
    頼んだ時に、ハンバーガーみたいに、元通りに収納するサービスはいかがですか?と案内が有っても良かったような気が…
    ホテルで使い捨ての歯ブラシなどが無いというようなお国柄と聞いていたので、ダンボールがないのは当然なのかなとは思って読み始めたのですが、オチが料金にたどり着くとは…

  2. ケン より:

    はぁ。さん
    コメントありがとうございます。
    オチがご期待通りでなくてすみませんm(__)m
    今回は、とにかくお金を節約しなければならない事情があったので^^;
    次回の引っ越しの際は、フルサービスでお願いしたいと思っています!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ