韓国の冷蔵庫がやたら大きいワケ(日本と韓国での料理観の違い)

スポンサードリンク

韓国の巨大冷蔵庫の中が埋まってしまう訳

先日、韓国で引っ越しをした際に、大きな冷蔵庫を買いました。

でも、最近、その冷蔵庫の中が結構、埋まりつつあります。

そんな中、近頃、我が家では、こんな会話が繰り返されています。

「えっ、これまだ食べられるの?」

「全然大丈夫じゃーん」

実は、これって、日本と韓国で料理に対する考え方が違うことが原因になっているところがあります。

日本と韓国の料理観の違い

日本の料理では、新鮮さを重んじることが多いです。

寿司や刺身がその代表例だと思いますが、卵も生で食べることが多いですし、味噌汁もサッと煮ます。

その一方で、韓国では、同じものを長く食べ続ける文化があります。

キムチがその代表例ですが、韓国ではとにかく、いろいろなものを漬けたり煮込んだりして、タッパなどに入れて、冷蔵庫に保管しています。

だから韓国の冷蔵庫はメチャクチャ大きいですし、普通の冷蔵庫の横にキムチ冷蔵庫が並んでいる家も多いです。

テンジャンクッもグツグツ煮込みますし、私の妻も数時間かけて煮込んで料理を作ることが時々あります。

スポンサード リンク

冷蔵庫は辛い物ばかり

私は、なかなかそういう食生活に慣れていないのですが、それにプラスして困っていることがあります。

それは、冷蔵庫の保存食はほとんど私の苦手な辛いものだということです。

IMG_3214

「最近、あまり食べるものがないね」

「何言っているの、たくさんあるじゃない」

という会話も我が家では、最近よく繰り返されています・・・

ちょっと気持ち的には、きつねさんの家に招待されたツルさんみたいです^^;

(別にツルの家に招待されたきつねさんでも構わないのですが)

以前、5人家族の中では私の他に娘も辛い物が苦手だったので、まだ2対3と僅差で負けているぐらいでした。

ところが、最近、娘は学校の給食で鍛えられてきたせいか、「ママの作ったキムチはおいしい!」と言い出すようになりました。

娘の裏切り(!?)によって、1対4と点差がかなり開くようになり、私の肩身は狭くなるばかり(T-T)

しょうがないので、最近は、タッパのキムチを少しずつ恐る恐る食べるようにしているところです。

「卵かけご飯が懐かしいなあ・・・」とツルさんは時々心の中でつぶやいております。


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

6 Responses to “韓国の冷蔵庫がやたら大きいワケ(日本と韓国での料理観の違い)”

  1. 日本の田舎者 より:

    ブログ主様は以前はお子様の日本語にお心配りをしておられたようですが・・・
    >味噌汁もサッとゆでます。
    ちょっと前から気になっていたのではありますが。ブログ主様の日本語に違和感を感じることが多くなっております。

  2. より:

    卵かけご飯食べたいですね。
    私もです。
    多分食べても大丈夫なんでしょうけど、
    なかなかその気になれないです。

  3. m* より:

    生卵が食べられるのは日本ぐらいです
    日本でも注意しないといけないのに
    韓国では絶対にやめておきましょう。
    あと味噌汁は確かに茹でませんね(笑)
    日本の食文化の多彩さに感謝ですね。

  4. ケン より:

    日本の田舎者様
    コメントありがとうございます。
    確かにそうですねー^^;
    私もこれからどんどん日本語が怪しくなってくるかもしれませんが、暖かく見守って頂ければ幸いですm(__)m

  5. ケン より:

    元 様
    コメントありがとうございます。
    韓国の卵は、加熱しないと危ないところがあると思いますが、日本の卵がオレンジっぽいのに対して、韓国の卵は、明るい黄色なので、仮に生で食べても大丈夫だったとしても、あまり食べる気にはならないところがあります。
    お互い、日本に行く機会があれば、是非、おいしい卵かけご飯を満喫できればいいですね^^

  6. ケン より:

    m*様
    コメントありがとうございます。
    私も日本にいた頃は、卵のバックに、「生でも食べられる」と書いてあるものしか、生で食べていませんでした。
    子供の頃は、水道水も気にせず飲んでいましたが、そのまま食べられるものが減っているというのは少し淋しかったりもしますよね。
    日本は、素材のおいしさをそのまま生かした料理が多いのかなあという感じがします。
    和食も世界無形文化遺産として登録されましたし、これから日本食の素晴らしさがどんどん世界へ伝わったくることを願っています!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ