韓国船の沈没、日本の支援と韓国での報道に残る大きな疑問とは?

スポンサードリンク

まだ、普通の記事が書ける状態ではないので、今回も、韓国船の沈没のテーマについて、最近、とても気になったことを書きます。

ちなみに、我が家の中三の息子も6月に済州島へ飛行機で修学旅行へ行く予定をしていましたが、延期になりました。

韓国では、今、全国的に自粛モードが広がっています。

そして、“黄色いリボン”キャンペーンがSNSを通じて広まり”奇跡の生還”を韓国の皆が祈り続けています。

私も、奇跡のニュースを信じて、テレビのニュースをいつもチェックしています。

ただ、韓国で報道されていることで一つ気になることがあるんです。

日本のニュースを見ていたら、政府関係者の人が、被害者の家族の方に説明をする際、被害者の家族が、「日本からの支援を拒否したのは本当か?」と聞いて、周りが騒然となったと報道されていました。

その報道を見て、「あれっ」と思われた方はいらっしゃいませんか?

そうなんです。

私が韓国の報道を見ている限り、「日本が韓国からの要請があれば、支援をする準備が出来ている」
「しかし、韓国は日本からの支援を拒否した」

という話は、韓国のメディアでは一切報道されていなかったのです。

(昨日ぐらいに、やっとそういう報道がされたそうです)

普段は、安倍首相が

「こんなこと言った」
「あんなこと言った」

といろいろ話題にしているのに、今回の沈没事故の報道の際は、安倍首相や菅官房長官の話は何も出てきません。

やっぱりこういう話は、都合が悪いから報道されないのでしょうか?

どうしても疑問に思ってしまう点です・・・

スポンサード リンク

今後どうなるのか?

私が心配しているもう一つのこと。

それは、悲しみと怒りの矛先です。

今は、まだ奇跡を信じて、救出作業の行方をみんなが見守っています。

しかし、もし最悪の結果が待っていたら・・・

希望は失望、そして行き場のない怒りに変わっていきます。

その流れはどこに向かっていくのでしょうか?

恐らく、「実は、世界各国は支援の準備をしていて、韓国政府がそれを拒否していた」という話は、もう公には出来ないと思います。

あるいは、韓国政府が責任を負わない観点から断った理由を色々伝えることになるのかもしれません。

ただ、この話が公になれば、怒りの矛先は、韓国政府に対して向く可能性は高くなってしまいます。

今回の事故の影響によって、韓国のブランドイメージ悪化による経済への影響は大きくなってしまうでしょう。

韓国に旅行する人も激減してしまうと思います。

これは、とても難しいことなのですが、現実を直視して、そこから教訓を得ていけるかどうかが韓国の未来の方向性を決める大きな分かれ道になってくるのではと感じています。

韓国は、地下鉄でホームから転落する事故が多かったので、ソウルの地下鉄のほとんどの駅に一気にスクリーンドアを作ってしまった国です。

韓国の人達の、いざという時の決断力と実行力はすごいものがあります。

韓国が今回の悲劇を乗り越えていけることを願うと共に、私自身、最後の奇跡を信じて行きたいと思います。


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

5 Responses to “韓国船の沈没、日本の支援と韓国での報道に残る大きな疑問とは?”

  1. ゆり より:

    はじめまして!
    命よりメンツを大事にしたのでしょうか(;_;)

  2. karatsu より:

    逆パターンの在韓で、私が日本人で夫が韓国人です。
    都合の悪いことは国民に言わないと言うことは日韓にあると思います。過去の日韓の歴史教育は、韓国にあっても日本にはないですよね。
    事実、韓流さんとやらで、反日のはの字も知らない日本人も少なくないと思います。
    私も日本からの支援の話、「あれっ?」と思った一人です。
    日本に支援を望む韓国人ばかりなら良いのですが、反対に、「何故、日本に支援なんか受けた?」という韓国人も多いので、あとで双方の対立が起こることも考えられますよね。
    日韓関係の悪さもピークに達してるんじゃないでしょうか?いつまでも続くとは思いたくないですが。

  3. 真由美 より:

    歴史歴史って。

  4. ぷごく より:

    日本の支援の呼び掛けを韓国側が断ったのは事件当日の事実で、日本の前に米国が救助ヘリを2機船に向かおうとしたのを拒否したのも韓国政府です。日本人記者(テレビ取材)は毎日生放送で現地やご家族の情報など伝えており船舶の専門家も原因究明の解説をしており、奇跡の生存者や追悼のための黄色いリボンキャンペーンもきちんと報道しています。日本の報道は私的感情を出さず事実をのべます。喜びや悲しみの言葉はキャスターの本心で台本にはありません。事故の第一報は高校生だったとか船内アルバイトの女子大生が高校生を誘導し命を落としたことなど細かく事実を報道し放送局によって話題の中心が異なり韓国の新聞やニュースのように統一された共産国のようなメディアはありません。大統領のスピーチに責任は船舶会社にあると言われてましたが、政府の対応には問題は無いと思われますか?反日保守派の方は戦時中をご存じなのでしょうか?歴史的史実が本当なら国際裁判をすればいいのですが日本はOKでも韓国がNOなので裁判は行われません。大統領は反日行為をすると支持率が維持出来るので反日行為で島に上陸やネガティブキャンペーンをすると統計に出ており、そのため韓国を嫌いになったとしても今回の事故だけでなく人命に国境は無く平等であると日本人は思ってます。ただ支援をしたくても政府支援を拒否されたため公には出来ないので個人で募金されてる方もいらっしゃいます。ニュースでも毎回、生存者を願い追悼の言葉を言っても抗議する日本人はいません。事故前の韓国と中国の連携や日本との対話を拒む大統領を見て対話も交渉も出来ない国として日本ではもう韓流ブームなど全く無くKPOPは海外音楽の一部として扱われテレビにも出ません。KPOPのファンは人対人でファンになるので国は関係ありません。日本は世界を客観視する報道をし日本国憲法第九条の戦争の放棄を守り平和な地球をつくるために海外協力もしています。今回は事故で一部の学生でしたが北と南は休戦中でこれから生まれる子供が兵士として戦場に向かうかもしれないとは考えずに義務である兵役が無くなる努力を韓国国民は行わないのですか?日本の広島や長崎で原爆被災した跡地や後遺症で苦しむ日本人はまだいます。慰安婦問題や強制労働も戦後の条約で締結されています。朝鮮戦争より後におきたベトナム戦争で韓国軍兵士はベトナム人民にどのようなことをしたかご存じですか?しかしベトナムはフランス植民地時代も超越して現在は開かれた国として発展してます。韓国国民は平等ですか?貧富差をなくす努力を政府はおこなってますか?開かれた韓国とはどのような国になるのでしょうか?テクノロジーの発展だけでは国は成長しません。私は毎日神様にお祈りをして韓国国民の方の心が癒されることをねがっています。

  5. ケン より:

    皆さん、いろいろとコメントありがとうございます!
    ゆりさん
    詳しいことは私も分かりませんが、
    まさか、ここまでの被害になるとは、
    想定していなかったというのが、
    正直なところではないかなと思っています。
    指示系統が乱れて混乱するからという
    理由もありましたが、
    結局、海外のスペシャリストの代わりに
    経験の浅い民間のダイバーが来て、
    混乱していたことには、
    変わりはありませんでしたから・・・
    karatsuさん
    歴史教育は、客観的な事実を伝えるのではなく、
    愛国心を高めることが目的なんじゃないかなあと
    最近は、思っているところがあります。
    韓国の歴史でもそのような観点から教えられていますし、
    だからこそ、お互いに歴史の教科書に
    とやかく言うのは、意味がないことだと感じています。
    それにしても日韓関係は、本当に
    良くならないですね。
    お互いに憎しみあっても、双方にとって
    良くないので、何とか改善されていけばいいですね。
    真由美さん
    うーん、ここへんは、やっぱり難しいところですよね。
    実際、従軍慰安婦の問題は、元々、
    日本の某有名新聞社が言いだした
    ことなので、そこが、ちゃんと
    きちんとした事実関係を
    説明してもらわなければと
    思っているのですが・・・
    ぷこくさん
    ぷこくさんのおっしゃるところは、
    すべて正しいと思います。
    日本の良いところは、良心的で、誠実で
    正義感の強いところです。
    しかし、日本は、敗戦国になった
    戦後レジュームの中、国際社会において
    苦しんでいるところがあります。
    また国際社会は、正論とは
    違う論理で動いていることが、
    とても多いです。
    日本は、国際的プロパガンダを
    しっかりしていくなど、
    良い意味で、ずる賢く
    やっていった方が良いと、
    海外に来て、いろいろ感じています。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ