TOPIK(韓国語能力検定試験)でアセアセ

スポンサードリンク

7月21日に、TOPIK(韓国語能力検定試験)の中級をソウルで受けて来ました。

私が試験を受けた場所は、成均館(ソンギュングァン)大学校というところです。

IMG_1115

大学の構内に入ると、試験会場の案内版が貼ってあり、黄緑のジャケットを来たスタッフが案内をしてくれていました。

IMG_1116

IMG_1119

試験を受ける教室に入るとやっぱり緊張(・_・;)

少し余裕を持って到着したので、各机に貼ってある受験票を見て回ってみると、日本人が、ほとんどいません・・・

名前から推察すると、恐らくほんとど中国の方だと思います。

集まってきた学生をいると、7~8割が20歳前後の女性でした。

私のような40代の男性なんて、究極の少数派です^^;

机に座って、目の前のホワイトボードの説明を見ていたのですが、それを見て、びっくりしました。

専用のサインペンを使って下さい

えっ、マークシートって普通、鉛筆を使うんじゃないの?

というか、鉛筆しか持ってこなかったし・・・・

そもそも、サインペンって、どこにあるの・・・

結構、アセアセしてしまいましたが、受験票をよく見てみると

「サインペンは、試験開始前に監督官が提供します」

と書いてありました。

やっぱり韓国語だからと言って、事前に説明はしっかり読んでいないとダメですね^^;

ちなみに、作文の箇所だけは、鉛筆が使えました。

後、答えを修正するには、監督官の人に言って、修正テープを借りて修正するという結構、面倒なスタイル(-_-;)

肝心のTOPIKの試験の内容ですが、結構、時間との戦いでした。

特に、읽기(読解)の問題を解く、時間が足らないので、そこでも、結構、アセアセしちゃいました^^;

試験結果の発表日は、8月2日です。

50点以上だと3級、70点以上と4級が取得できるみたいです。

どうか、4級が取得できますように!


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ