“家政婦のミタ”が韓国でリメイク「承知しました」って何て言うの?

スポンサードリンク

日本で大ヒットしたドラマ”家政婦のミタ”が韓国でリメイクされることが決定しました。

韓国名だと、”수상한 가정부(あやしい家政婦)“という題名になり、9月23日(月)の夜10時からSBSで放送がスタートします。

主演は、チェ・ジウです。

mita

それにしても、帽子も服も髪型も、全部日本語版と一緒だ^^;

最近、韓国では、日本のドラマが結構、リメイクされています。

ハケンの品格(これは、主演のキム・ヘスの名演技で、面白かったです)や女王の教室(これは、韓国では人気がなかったみたいです)

などなど・・・

家政婦のミタと言えば、あの名セリフ「承知しました」がありますね。

韓国語版では、どういう表現になるのでしょうか?

ちなみに、承知という言葉自体は、韓国語にはありません。

韓国語版の予告編を見ると、

분부대로 하겠습니다.(ブンブデロハゲッスムニダ)

という表現が使われていました。

日本語だと、

仰せ(言いつけ)のとおりいたします

という意味になります。

普通、返事をする時は、알겠습니다(アルゲッスムニダ)という表現が一般的なのですが、韓国人の妻に聞くと、その表現は、あまりにフツーとのこと。

つまり、”かしこまりました”という雰囲気が伝わらない訳ですね。

ただ、분부대로 하겠습니다.(ブンブデロハゲッスムニダ)という表現も、最近は、ほとんど使われていなくて、基本的には、昔、王様に対して、家臣が返事をする時に使われていたというイメージがあります。

「承知しました」が、実際どんな表現になるのかは、ドラマが始まってからでないと分からないのかもしれませんが、ドラマが9月23日に始まったら、またこのブログで報告させて頂きますね^^


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ