生れて初めての秋夕(チュソク)体験

スポンサードリンク

生れて初めて秋夕(チュソク)の時期を韓国で過ごして来ました。

と書くと、ちょっと大げさな表現になってしまいますが^^;

先祖と伝統を重んじる韓国で、秋夕(チュソク)をどう過ごすのかは、前々から気になっていました。

秋夕の日(今年は9月19日)は、朝から、祭祀(チェサ)と呼ばれる儀式を行います。

漢文の書かれた屏風を立て、お供え物を並べ、30分ほど、正装で敬礼をしながら行ないます。

IMG_1518

てっきり私も参加するのかなと思っていましたが、ここに参加できるのは、ご両親と息子夫婦の家族のみ。

つまり私の妻を含む娘達は、「もう、夫の家に嫁いだのだから、ちゃんとそちらの方でがんばりなさい」という意味だとか。

ここら辺が、男系の血統を重んじる韓国という感じですね^^

結局、行なった儀式は、祭祀(チェサ)だけでした。

韓国では、秋夕(チュソク)よりも、旧正月(ソルラル)の方が、重要度が高いので、秋夕(チュソク)は、これぐらいなんだよーとのこと。

あとは、韓国の田舎ライフ体験です^^

子供達は、家で飼っている牛さんに草を上げたり、

IMG_1534

(どんだけ、田舎なんじゃー^^;)

コチュの畑へ行って、農業体験もしてきました。

これがコチュの畑です。

IMG_1523

コチュは、緑色と赤色のものがありますが、まずは緑色のコチュが出来て、時間が経つと、赤色に変わっていくようになります。

IMG_1522

どちらの色のコチュが良いかは、作る料理によって変わってくるそうです。

あと、日本の田舎でもそうなのですが、韓国の田舎でもやっぱりあったのが、

食事攻め

「これも食べなさい」「この果物も食べなさい」「このチャプチェも食べなさい」「夕食もちゃんと食べるんだよ」

グェ、もう食えましぇん(T-T)

韓国のご両親のたっぷりな愛情に包まれた秋夕(チュソク)は、こうして過ぎ去っていったのでありました^^


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ