韓国語版”家政婦のミタ”を見て気が付いたこと

スポンサードリンク

日本の大ヒットドラマ”家政婦のミタ“の韓国語版のリメイク”수상한 가정부(あやしい家政婦)“が9月23日から始まりました。

mita

先回の記事で、ミタさんの名セリフ「承知しました」を韓国語で何て言というか、チェックしますよという話をさせて頂きましたが、その結果を報告いたします。

韓国語版では、

분부대로 하겠습니다.(ブンブデロハゲッスムニダ)

→仰せのとおりいたします

時々

알겠습니다(アルゲッスムニダ)
→分かりました

でした^^

メインは、やはり분부대로 하겠습니다.(ブンブデロハゲッスムニダ)で、かしこまって返事をする時に使い、軽めの返事をする時は、알겠습니다(アルゲッスムニダ)という感じで使っていました。

第一話と第二話をザーッと見ましたが、日本語版を忠実に再現しているという感じですね^^;

日本のドラマをリメークすると、韓国のオリジナルドラマとは決定的な差が生まれます。

それは、

基本的に主人公の両親が出てこない

ということです。

韓国ドラマの場合は、主人公の親はもちろん、兄弟、親戚、フルキャストでガンガン出てきますから、韓国で日本のドラマをリメイクすると、そういった韓国らしさが消えてしまうので、ちょっと残念な感じがします。

ちなみに”수상한 가정부(あやしい家政婦)”を見て感じたのは、日本の”家政婦のミタ”は、ストーリーの斬新さがヒットの要因になったというのはもちろんなのですが、ミタさんを取り囲む阿須田家の家族を演じる長谷川博己、忽那汐里、本田望結の演技力が素晴らしく、それも、ドラマのヒットの要因になっていたということです。

韓国語版では、ストーリーや衣装などは忠実に再現していますが、あとは、それ以外の部分で、いかにオリジナルに近づき、超えていけるかがポイントなのかなって思います。

あっ、でも私は、韓国語版は、もう見ないですよ。

日本で”家政婦のミタ”、ミタので・・・

あっ、すみません、最後、オヤジギャグで締めてしまってm(__)m


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ