李舜臣(イ・スンシン)と世宗(セジョン)大王の展示館が無料の訳

スポンサードリンク

ソウルの地下鉄5号線の光化門(クァンファモン)に直結している光門広場には、李舜臣(イ・スンシン)世宗(セジョン)大王の展示館があります。(どちらも地下にあり、二つの展示館は、中で連結されています)

IMG_1245

李舜臣は、豊臣秀吉が朝鮮出兵を行った際、亀甲船という船と優れた戦術を駆使しながら、日本軍から韓国を守った“武”の国民的英雄です。

世宗大王は、14世紀の李氏朝鮮の王様で、ハングルをこの世に誕生させた人です。

韓国の1万ウォン札の肖像にもなっている“文”の英雄です。
李舜臣の博物館(忠武公(チュンムコン)物語)は、亀甲船の縮小模型があって、中にも入ることが出来たり、射撃ゲームのコーナー(まあ、相手は日本軍なんですけど-_-;)があったりして、子供達が楽しめるような感じになっています。

IMG_1247

世宗大王の博物館(世宗物語)は、ハングルについていろいろ学べる体験コーナーがあったりして、いろいろ学べる漢字のところです。あと、昔の貴族風の椅子と屏風のセットがあるので、記念写真は、そこで撮るのが良いと思います。

残念ながら、日本語の説明はないのですが、受付の所へ行けば、音声や映像で案内してくれる機械を無料で貸してくれるので、それを使って、じっくり説明を聞きながら見学することが出来ます。

ちなみに、この二つの展示館の良いところは、どちらも無料で入れるということです。

「なぜ、無料なのかな?」と考えてみました。

やっぱり国が、国民的英雄について、深く理解してもらいながら、韓国に対して誇りを持つようにしてもらいたいからなのだと思います。

(あくまでも、個人的な推測ですけどね)

日本にも、こういう感じの展示館を作ったらいいんじゃないかなあと思います。

“文”の国民的英雄であれば、やっぱり聖徳太子ですかね。

“武”の国民的英雄といえば、誰でしょう・・・

個人的には、宮本武蔵が好きなのですがいかがでしょうか^^

国民的英雄から学べることってたくさんありますからね。

“英雄教育”って、やっぱり大切だと思います!


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ