ソウルの地下鉄の乗り方(T-moneyの使い方)をバッチリ解説いたします!

スポンサードリンク

ソウルへツアーやなどで来られる方のために、地下鉄の利用方法をまとめてみました。

実は、ソウルの地下鉄には、切符がありません
必ず交通カード(T-moneyとも呼ばれています)を買う必要があります。

IMG_1679

では、交通カードをどのように買うかを説明していきますね。

1. まず言語を選択

IMG_1674

日本語サービスを希望される場合は、下に記載されている”日本語”のボタンを押して下さい。

2. 1回用のカードを選択

IMG_1665

券売機には、4つのボタンが並んでいますが、左から2番目のボタンが1回用のカードを購入するボタンになっています。

ちなみに私は、地下鉄をよく利用するので、チャージが出来るT-moneyを使っています。プリペイド式になっていて、お金がなくなってきたら、そこにチャージしていきます。

(韓国は、日本のような定期券がありません)

IMG_1681

3. 目的の駅を選択
日本語のサービスでも駅を選択する際は、英語表記になります。

駅コードを入力する方法もありますが、今回は駅名で検索します。

IMG_1666

IMG_1667

4. 必要なカードの種類と枚数を入力

IMG_1670

13歳以上は、一般料金
6歳~12歳は、子供料金
6歳未満は、無料です。

枚数を指定すると支払い金額が表示されます。

そしてその中には、カードの保証金(1枚あたり500ウォン)が含まれています。

5. 支払い金額を入れる
6. 交通カード(T-money)が発行される。

IMG_1673

7. 改札で、カードをかざして中に入る

IMG_1656

日本SuicaやPasmoと同じやり方ですね^^

8. 地下鉄を利用した後、カードを返却して保証金を返してもらう。

IMG_1657

券売機の近くには、必ずカードの保証金換金機があります。
そこにカードを入れれば、500ウォンがチャリンと落ちてきます。

ちなみに我が家の子供達は、この換金作業が大好きで、換金して出て来た500ウォンを大切に握りしめて、なかなか返してくれません^^;

タクシーだと、渋滞に巻き込まれたりしますし、バスだと、どれに乗ったら良いのか慣れるまでは分かりづらいので、やっぱりツアーでソウルを自由に回るには、地下鉄が一番だと私は思っています^^

是非、ソウルへ来られた際は、地下鉄を気軽に利用して、ツアーをエンジョイして下さいね!


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

4 Responses to “ソウルの地下鉄の乗り方(T-moneyの使い方)をバッチリ解説いたします!”

  1. かな より:

    突然すいません>_< このT-moneyカードはどこで買えますか!? このデザインのがほしくて!!!

  2. ケン より:

    かなさん
    コメントありがとうございます。
    これは、妻が、最寄りの地下鉄の駅(ヨンシンネかクサン駅)で買って来てくれたものです。
    我が家は、いつ買っても、このデザインなので、これが普通だと思っていました^^;

  3. おばあさん より:

    ケンさん、こんにちは
    以前、ソウルに行った時、冒険で地下鉄に乗りました。
    自由時間に娘と二人で明洞から新道林駅まで帰りました。 
    シェラトンに泊まっていたので、新道林駅地下のフードコートで、2晩続けて夕飯食べました。
    切符は明洞駅で、たぶん女性駅員らしい人に「チョギ新道林」と言うと、乗り換えの方法たぶんソウル駅、地図で何番線から何番線へ、と切符を買ってくれました。
    ソウルで乗り換えの時違う方面の電車に乗って、1駅で気がついて乗り換えました。その時は全然今もですが、韓国語が解からず真っ青になりました。「チョギ新道林}ソレばかり言ってました。
    ただこのT-moneyの使い方読むと、保証金はいっていたのでしょうか。そのあとカードはどうしたか覚えていません。

  4. ケン より:

    おばあさん 様
    ご連絡頂き、ありがとうございました。
    すごい冒険をされたんですね!
    私も言葉が分からない国でそうなったら、大パニックになっていたと思います(´・ω・`)
    T-moneyを買われると、必ず500ウォンの保証金が含まれています。
    ただ忘れてしまっても1枚50円程度ですから^^

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ