日本とは違うソウル地下鉄の乗り降りのルール

スポンサードリンク

ソウルの地下鉄を利用する際、電車の中にいる人達が、みんな降り切る前に、待っている人達がどんどん乗り込んで来ます

日本では、降りる人がみんな降りてから、乗っていくのがルールなので、最初の頃は、「何なんだ~」と心の中で結構怒っていました^^;

でも、最近、あるルールがあることに気が付いたんです。

それは、
乗客口の真ん中が、降りる人のルート
乗客口の端っこが、乗る人のルート
になっているということです。

真ん中だけは、空けておいて、端っこから隙間があれば、ガンガン乗っていくというのが、韓国のルールなんですね!

だから、電車が来るのを待つ時も、真ん中のルートを空けて、その両端にズラッと並びます。

こんな感じです^^;

IMG_0969

もちろん、この方式だと、乗り降りする際に、肩がぶつかり合うこともよくありますが、お互いな~んにも気にしません。

それも韓国式^^

最初は、このルールが分からず、戸惑っていましたが、慣れてみると、

「この方が、合理的かな!?」

と、感じたりもしています。

ソウルへツアーで来た方々も、地下鉄に乗る際、このルールが分かっていれば、変にストレスを感じることがないですよ^^

とにかく韓国の人達は最短ルートを好みます。

日本は、形にこだわって遅くなることが結構ありますが、韓国だと「こっちの方が早いじゃん!」と思えば、どんどんその方法を使う傾向があります。

そういう発想とスピード感って個人的には結構気に入ってます^^;


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ