韓国の家賃相場と移住者にとってやっかいな賃貸事情

スポンサードリンク

韓国に移住して、一番、大変だなあ~と思うことの一つはです。

IMG_1730 (1)

なぜなら、韓国の賃貸事情は、日本と全然違うからです。
日本の場合、敷金、礼金を払って、月々に高い家賃を払うのが一般的です。

しかし、韓国の場合は、家を借りる時、まず保証金を大家さんに預け、月々の支払いは、ほとんどないというシステムを取っています。

月々、まったくお金を払わなくて良いシステムをチョンセ(전세)
月々、多少のお金(大体3~4万円)を払うシステムをウォルセ(월세)

と呼んでいます。

もちろん、保証金は、家を出る時、基本的に全額返ってきます。

スポンサード リンク


なぜ、韓国では、そのシステムが可能かというと、韓国は利子が高く、大家さんは保証金を銀行などに預け、そこから得られる利子で、利益を得られるからです。

で、実は、この保証金の額が問題なのです。

チョンセだと、日本円に換算したら、ソウルの場合、相場は、安いところでも1,000万円ぐらい、高いところだと3,000万円以上必要になってきます。

ウォルセでも、500万円ぐらいないと、まともな家を借りられません。

つまり、韓国の家賃システムは、月々の支払額は少なくて楽だけれども、逆の見方をすれば、最初の保証金が準備できないと最低限の家を借りるのも難しいというのが現状なのです。

もし、韓国に移住したい方がいれば、最低限500万円、出来れば1,000万円ぐらいのお金を準備してから行かれることオススメいたします。

(もちろん、韓国で家を準備してくれる人がいたり、単身であったりする場合は、事情が変わって来ますけどね)

やはり何事も”備えが大切”というお話でした^^;


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ