韓国の一般的な(!?)サウナ

スポンサードリンク

韓国に移住して4か月半・・・

韓国のシャワー生活では、体の疲れが中々取れず、肩こりも限界!!!ということで、移住後、初めて、サウナに行ってきました。

sauna3

サウナといっても、銭湯にサウナが付いたような所で、料金は大人6,000ウォン、子供5,000ウォンです。

日本では、銭湯へ夜、行きますが、韓国では、朝から行く人が多いです。この日も昼間に行きましたが、20人ぐらいいました。

恐らく、一般的な韓国のサウナ(!?)だと思うので、簡単に中を説明すると・・・

sauna2

熱湯(43度前後)の横には、一回り大きい温湯(38度前後)
があり、またその横には、何故か、温湯の二倍大きい
冷水のお風呂がありました。(もちろん、そこはガラガラ)

サウナも、乾式とスチーム式、両方ありました。

そして、片隅には、マッサージコーナー

ここは、韓国式ですね。

刺青をしたおじいさんや、メガネを掛けてお風呂に入っている人、子供に垢すりを熱心にして上げるお父さん、「こういった風景も韓国式かな~」と思いつつ、脱衣場に日本では定番の瓶牛乳を売っているかチェック

sauna1

しましたが、残念ながらありませんでした^^;

それでも、久しぶりに湯船に浸かって、気分は最高!!! 

やっぱり、日本人は湯船がないと生きていけません(T-T)

浴槽を買ってしまおうという決意を胸に秘めながら、帰宅の途につくのでありました・・・


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ