韓国ドラマ”百年の遺産”でも出てきたお決まりの黄金パターン

スポンサードリンク

韓国のドラマでは、いくつかの”よくある黄金パターン”があります。

その一つが、”実は、お父さん(お母さん)は別の人だった“というパターンです。

私が夫婦でハマっているドラマの一つが、MBC系の”百年の遺産“です。

100nen

主人公の女性が、あるお金持ちの家庭に嫁入りするのですが、そこで、姑さんから散々いじめられ、肝心の夫は、マザコンで何も助けてくれない。

耐えきれなくなった、主人公は、そこから脱出し、またその時、助けてくれた別の男性と結ばれていくというストーリーになっているのですが、ドラマの終盤に、この黄金パターンが出てきました^^;

お父さん(お母さん)が別の人という話が出てくると、やっぱりドラマは、俄然、盛り上がってきます!

韓国には、こういう家庭が多いのかなあと、思わず疑ってしまうこともありますが、逆に言うと、家族の繋がりが強い韓国だからこそ、出てくるパターンなのかもしれないですね。


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ