韓国人を悩ます電気代の累進税

スポンサードリンク

今年、韓国では22年ぶりの猛暑となっていますが、そこで初めて気が付いたことがあります。

それは韓国にはエアコンをガンガン使えない事情があるということです。

その理由は韓国の電気代は累進制になっているからです。

韓国では누진세(ヌジンセ・累進税)と呼ばれています。

参考になる記事を見つけたのですが、韓国の1kWhの電気の単価は、安ければ、60.7ウォン(約6円)ですが、高ければ、709.5ウォン(約70円)と約11倍以上に跳ね上がります

mujinse

簡単に言ってしまうと、韓国は通常、世界で一番電気代が安い国だと言われていますが、使用量が増えてくると、ムチャクチャ高い国になるということになります。

ちなにみ5人家族の我が家の場合、日本にいた時の電気代は、月7,000円~8,000円ぐらいでしたが、韓国に来てからは月4万~5万ウォン(約4,000~5,000円)とかなり負担が下がりました。

ただ、エアコンをガンガンつけていると、電気代が、30万ウォン~40万ウォン(3~4万円)に跳ね上げるケースはザラにあるそうです。

スポンサード リンク

やめられない累進税

もちろん、こういった累進税システムに対して、「これだとエアコンが自由に使えない。頼むから累進税を止めてくれ。」という声がたくさん上がっているそうです。

ただ、累進税を止めると、みんなエアコンなど電気を使いまくって電気供給の許容範囲を超えてしまうのは火を見るよりも明らかです。

その一方、今年のような異常気象が今後も増えてくると、エアコンを使いたくても使えないジレンマは、さらに大きくなっていくのかもしれません。

ここら辺は何とも悩ましいところですよね~

とまだ家にエアコンがない私が言っても、なんなんですが(-_-;)


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

6 Responses to “韓国人を悩ます電気代の累進税”

  1. cda より:

    その仕組みじゃ夏場は辛いですね。
    日本じゃ点けたり消したりしなければ電気代はその方が安くなりますから。拙宅は夏場はほぼ点けっぱなしです。地球さん御免なさい。
     が、電気代3万円から4万円は尋常じゃありませんね。累進制とはいえ料金の上限を設けておいたほうが良いように思います。
     韓国でも連日猛暑が続いていると伺っております。ケンさん何卒お体の調子を崩されませんよう御自愛下さいませ。

  2. ケン より:

    cdaさん
    コメントありがとうございます!
    私も日本にいた時、感じましたが、日本はクーラーをつけていないと身の危険を感じるので、どんどんつけた方がいいと思います。
    韓国に”暑さも寒さも彼岸まで”という感覚があるのかはよく分かりませんが、もうちょっとの辛抱だと思いますので、がんばっていければいいですね^^

  3. air より:

    主様
    韓国に行って電気の使用量増えてませんか?
    東京電力の料金表によると
    300kwhチョットかなぁと思われます。
    燃料調整費、基本料金を無視していますが。
    韓国の300kwhで3600円相当位かなと・・・
    ま、エアコンを使いたくても
    使うとブラックアウトするアパートもあるとか。
    レコードチャイナの8日の記事にありました
    産経とか中央日報の最近の記事にも
    興味深い電力事情に関する記事がありましたよ。
    決して、嫌がらせではありませんので、念のため

  4. ケン より:

    airさん
    コメントありがとうございます。
    そうですねえ。
    少なくとも子供達は大きくなって、その分、電気の消費量は増えていると思いますから^^
    いつもざっくりとした感覚の話ばかりですんません(´・ω・`)

  5. マザー より:

    安いなら沢山使いたくなりますが
    累進制なのは困りますね。
    エアコンですが、韓国だと室内置きの
    背の高いエアコンが多いと聞きますが
    あれは冷房で出た水はどうなるんでしょう?

  6. ケン より:

    マザーさん
    コメントありがとうございます!
    室内置きのエアコンが家にないのではっきり言えないところもありますが、室内置きと言っても室外機とは繋がっているので基本点な構造は壁かけのエアコンと同じだと思いますよ^^

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ