夜中にインターホンを鳴らし続ける意外な人物とは?

スポンサードリンク

先日、夜11時30分の出来事です。

布団を敷いて寝ようとしていたところ、突然、「ピンポーン」とインターホンを鳴らす音が聞こえました。

img_6631

ただ、最初は時々来る宗教の勧誘か、ちょっと精神的におかしい人が鳴らしているのかなあと思って、放っておくことにしました。

しかし、しばらくしたら、再度、「ピンポーン」

そして、またしばらくしたら、今度は、上に住んでいる大家さんの家を「ピンポーン」と鳴らしている音が聞こえてきます。

その時、何だか嫌な予感がしました。

もしかして・・・

そこでまたピンポーンとなるかもしれないと思って、待機していたところ、再び、「ピンポーン」という音が・・・

受話器を取ると、「宅急便ですよ~」

まさかと思いましたが、本当に宅急便のおじさんとは・・・

正直、「ふざけんな!」と思いながら、ドアを開けましたが目の前には誰もいません。

ただ、荷物だけがそこに置かれ、宅急便のおじさんは既に階段を下りていたのです。

私は、既に姿が見えなりつつ宅急便のおじさんに
「今、何時だと思っているんですか?」
と韓国語で文句を行ったところ、
「いないと思いましたよ~」
という声が・・・

韓国の宅急便は、オートロックのマンションなどで相手が不在の場合は、別の階の人を呼び出して、マンションの中に入れてもらい、荷物をドアの前に置いておくことがよくあります。

それを夜中の11時30分にやるとは・・・

正直、大家さんにもすごく申し訳ない気持ちになりました。

ただ、それ以上に、宅急便のおじさんに対する怒りが収まらず、しばらく寝つくことが出来ませんでした。

スポンサード リンク

まだまだ修行が足らない

実は、翌日、そのことを韓国に住んでいる日本人の友人に話してみました。

すると、その友人は、穏やかな口調で、こういったのです。

「そういうことってよくありますよね~」

その一言で私は気が付きました。

その友人は韓国でもっと大変なところを通過して、乗り越えてきたんだなあと・・・

それに比べれば、私はまだまだ修行が足りないと痛感しました。

これから、韓国で悟りの境地に到達できるよう、もっとがんばらねばと思った次第です!

本当に韓国ではいろいろなことがありますよね~♪


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

9 Responses to “夜中にインターホンを鳴らし続ける意外な人物とは?”

  1. マザー より:

    夜11時30分?!?!
    宅配便じゃなくて自分の親戚が尋ねてきても
    ビックリな時間ですね。
    日本の、例えば宅急便だと夜9時までが配達時間ですけど、韓国だと決まってないんんですかね?

  2. ひょの より:

    韓国の宅配便は日曜と祝日は必ず休むこともあり、是が非でも配達するようです。不在連絡票もありませんし…
    ネットで注文すると翌日には必ず来るから、1日ずれると宅配会社にクレームが入るんでしょうね。

  3. ケン より:

    マザーさん
    コメントありがとうございます!
    韓国だとそういうのはあまり関係ないんだと思います^^;
    ちなみに韓国では、配達をする際、配送業者の人が、届け先の人に電話をして時間を確認してから届けるケースが多いのですが、今回は、事前連絡もなかったし、本当に突然という感じでした・・

  4. ケン より:

    ひょのさん
    コメントありがとうございます!
    確かに言われてみれば、不在連絡票って見たことがないような気がします。
    電話をしたり、深夜に来たり、近所の人に預けたり、とにかく荷物を置いておくことに必死ですよね^^;

  5. aya より:

    大変でしたね!怒りのぶつけようがないというか。
    その日のノルマを達成するためでいっぱいいっぱいですよね。ギリギリまでぶっつけ仕事してるんですよね。
    うちもエレベータから玄関先にドカッと投げて行く音がよく聞こえます。

  6. aya より:

    ぶっつけ仕事じゃなくやっつけでした(¯―¯٥)

  7. momo より:

    韓国在住者です。家にも11時30分頃、宅配が来ています。日本の常識を持ち出しちゃ駄目な国ですよね。

  8. ケン より:

    ayaさん
    コメントありがとうございます!
    私も前住んでいた家で、荷物をポーンと投げられた時はかなりびっくりしました^^;
    確かに韓国の宅配業者の人はかなり過酷な労働を強いられているのかもしれないですね・・・

  9. ケン より:

    momoさん
    コメントありがとうございます!
    日本はある意味、相手のことを気遣い過ぎているところがあるかもしれません。
    逆に韓国は相手のことは何も考えていない人が多いので、比較すると苦しくなるだけかもしれないですね^^;

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ