韓国の歯ブラシと日本の歯ブラシの違い

スポンサードリンク

先回、海外転送サービスを使って、日本の歯ブラシを取り入れたという話を書きました。

転送コムで日本の商品を韓国へ送ってみた

今回は、その歯ブラシをテーマにして書いてきます。

私が、なぜ韓国の歯ブラシを使わずに高いお金(!?)を払って日本から歯ブラシを取り寄せているかというと・・・

韓国の歯ブラシを使うと、歯ぐきが痛くなるからです。

私も、韓国のいろいろなお店で、歯ブラシを探してみたり、高い歯ブラシを買ってみたりしてみました。

でも、韓国の歯ブラシは、どれも、日本の歯ブラシに比べて、すごく大きいんですね。

IMG_4672

だから、韓国の歯ブラシで磨くと、細かいところまで磨けないし、歯ブラシが大きいためか、ちょっと力を入れたら、歯ぐきが痛くなってしまいます。

しかし、力を抜いたら、細かいところまで磨けなくなってしまうというジレンマを感じていいました。

それに対して、GUMに代表される日本の歯ブラシは細かくて繊細です。

やっぱり歯ブラシも国民性をよく表しているところがあるのだと韓国に来てからつくづく感じています。

先日、日本からGUMの歯ブラシが届いたので、早速、磨いてみたのですが、「そー、これだよ!これこれ!」と心の中で思わず叫んでしまいました。

ちなみに、GUMの商品に関しては、韓国では、デンタルリンスだけが販売されているだけです。

日本の商品ですと、システマだけが入っているのですが、なぜか、韓国の他の歯ブラシのように太いんですよね・・・

そんな訳て、当分、歯ブラシを日本から取り寄せる期間は続きそうです^^;


いつもクリックして頂いてありがとうございます!
おかげさまで順位がジワリジワリと上がっています。
↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

6 Responses to “韓国の歯ブラシと日本の歯ブラシの違い”

  1. 二ム より:

    ケンさん
    こんばんは
    興味深く拝見しました。
    日本の製品は繊細で種類も豊富ですよね。
    でも、それぞれの国の潜在需要というか好みも
    ありますしねw。
    日本人には、日本製がいちばんしっくりしますね。
    文房具も日々進化してますね。
    韓国では、消せるボールペンとか折れないシャーペン人気ですか?
    今では、消せる蛍光ペンまでありビックリです。
    韓国では、何が流行っていますか?

  2. AEIN より:

    歯ブラシ、私も同じです。私も帰国のたびにいつもヘッドの小さいものを10本ぐらい購入してきます。
    私は歯並びはあまりよくないので韓国の大きい歯ブラシだと奥歯が磨けていない気がするので必ず日本の歯ブラシを使っています。
    ちなみに私はクリアクリーンの普通のかたさを使っています。

  3. ケン より:

    ニムさん
    コメントありがとうございます!
    文具に関して、韓国で何が流行っているかはよく分かりませんが、やっぱり文具も日本の方が、発達していると思います!
    ボールペンも韓国のものはイマイチなので、日本のボールペンを見つけたら、まとめ買いしたりしています^^;

  4. ケン より:

    AEINさん
    コメント頂き、ありがとうございます。
    やっぱり、AEINさんもそうなんですね!
    韓国では、みなさん葉が丈夫なのか、繊細な歯ブラシの魅力を知らないだけなのか、分かりませんが、早く日本の歯ブラシが韓国に上陸してくれることを願うばかりです^^

  5. takabone より:

    ケンさん こんにちは^^
    韓国のみなさんは食後に歯磨きが欠かせないようですが、特に男性はガシガシと激しく磨いていて他人事ながら歯茎大丈夫?と思ってしまいます。そういった磨き方には大きめのしっかりした韓国製の歯ブラシが合うんでしょうね。鶏か?卵か?みたいな話になってしまいますが(^^;

  6. ケン より:

    takaboneさん
    コメントありがとうございます!
    確かにそう言われてみれば、韓国の人は、歯を豪快に磨くイメージが^^;
    そういった人には日本の歯ブラシは物足りないのかもしれません。
    ただ韓国の女性までがそうなのかは、まだちょっとよく分かりませんが、今度、機会があったらこっそりチェックしてみようと思います^^

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ