韓国の若者は未来に絶望している?子供達から聞いた意外な話

スポンサードリンク

韓国の若者は自分の国についてどう思っているんだろう?

最近、そんなことがふと気になって、我が家の子供達にいろいろ聞いてみたのですが、すごく意外な話がたくさん出て来ました

これから書いていくことは日本人から見た韓国の話ではなく、韓国の中で韓国人(特に若者)が感じているリアルな現実の話です。

(いつもはもっと明るい話を書こうとしているのですが、今回だけちょっと路線を変えちゃいますのでお許しをm(__)m)

韓国は悲惨?

最初に私が子供達に聞いたのは、

「韓国の若者や子供達ってやっぱり自分の国が大好きな人が多いの?」

ということでした。

すると、高校生の息子からは、

「うーん、僕の知っている限りでは、自分の国が好きだと言っている人は見たことがない。」

とかなり意外な返事が返ってきました。

さらに息子は、「だって・・・」と言いながら、韓国に関する様々な統計データについて話し始めたのです。

自殺率一位だし・・・
中高生の喫煙率一位だし・・・
勉強時間の長さ一位だし・・・
睡眠時間の短さ一位だし・・・
幸福度指数ビリだし・・・
親が子供と一緒にいる時間は一番短いし・・・」

何だか、悲惨なデータが次々と出て来るではありませんか?

ただ、世界にはたくさんの国があるから、そこまで簡単に一位にはならないだろう?

と思って、データを確認してみると、すべての国を対象としている訳ではなく、OECD(経済協力開発機構)という世界の35ヶ国の先進国が加盟している国際機関の中での話なんだそうです。

それでも悲惨と言えば悲惨ですが・・・

ただ、一つ気になったのは、息子がなんでこんなデータを知っているのかということでした。

すると、高校生の息子は、

「YouTubeとかで知ったこともあるけれども、学校の学年集会で先生から言われることもあるよ。」

とのこと。

韓国の学校で先生達がそういう話をしていることも、私にとっては結構意外でした。

ちなみに息子から「韓国は脱出したい国家?幸福指数はOECDの中で最下位」というYouTubeの動画(韓国語)を紹介してもらったのでご紹介しておきます。

この動画の中で、韓国のメディアが以下のような韓国の悲惨な現実を伝えている動画がまとめられています。

  • 幸福度指数はビリ(全世界では118位)自殺率1位(37分で一人が自殺をしている)
  • 貧富の差が最大
  • 老人の貧困率1位
  • 子供達の幸福度指数や生活満足度もビリ(勉強でのストレス、学校での暴力、インターネット中毒などが原因)
  • 大変な時に頼れる友達や親せきがいると感じている人の割合が最も少ない
  • 両親と一緒にいる時間は1日48分、父親が遊んだりしてくれる時間は1日6分
  • GDPの中に占める福祉の予算の割合が最下位

中盤は日本のテレビ番組で韓国の財閥とその他の企業の格差について紹介していますが、その内容は動画の中で直接確認してください。

ここで大切なことは、韓国人が自分の国に対してどう思っているのかということなので。

スポンサード リンク

韓国の若者は未来に絶望している?

さらに小学校の娘も話に加わって話は続きます。

「韓国では、就職できないし、いじめもたくさんあるし、男女差別も多いし、それに韓国人は、つばもよく吐くし・・・」

正直、子供達から、こんな話がどんどん出て来るとはすごく意外でした。

高校生の息子の話では、特に昨年末から続いている大統領の事件があってから、若者の間では未来を絶望する雰囲気がさらに強まっているそうです。

実際、高校生の息子は友達から、

「この国は10年持たないから他の国へ行きな。」

と言われたり、小学生の娘も

「私が旅費をお金出すから将来アメリカで一緒に住もう」

と誘われたりしているそうです。

韓国の若者の未来に対する絶望感は、かなり深刻なんだなあとしみじみ実感してしまいました。

批判や非難をしなくても・・・

実際、テレビを見ていると、今の大統領に対するデモを毎週のようにやっていますし、韓国のいろいろなところに像を作って声を挙げている人たちもいます。

でも、最近、私はそういう報道を見てもジッと黙っているようにしています。

なぜなら、人を恨んだり、大切にしなかったり、憎んだり、嘘を言ったり、だましたり、お互いに争ったりしていると、最後はブーメランのように全部自分にツケが回って来て韓国の人達は苦しんでいるのではないかということに段々気付いてきたからです。

そういった行動を見て、もちろん、正すべきところは正していかないといけませんが、必要以上に批判や非難はしなくてもいいんじゃないかと・・・

実際、相手の批判や非難をしても、結局、ハッピーな気持ちにはなれませんからね。

私自身、韓国に住みながら、確かに今でもびっくりすることはいろいろありますが、笑い話に変えちゃうと意外に面白いものです^^

もちろん、韓国には変な人もいますが、人として尊敬できる方もたくさんいらっしゃいます。

そういった韓国の良い人達との交流を深めていきながら、これからも明るく楽しくそしてリアルな韓国生活をブログで書いていくつもりです!

ただ、それにしても子供達からこんなリアルな話が出てくるなんて、本当にびっくりしました・・・


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

9 Responses to “韓国の若者は未来に絶望している?子供達から聞いた意外な話”

  1. cda より:

    一個人として尊敬できる人はいても、国民総体としてどうしようもなければ意味がないと思うのです。

     世の中のいろいろな事象について韓国人は真理はひとつしかないと思っていますね。真理(本当のこと)なんて、そもそも能力に限界のある人間がそう簡単に分かる筈はないと思うのですが。アニメ『名探偵コナン』の主人公の決め台詞ではあるまいし、真理がひとつであるとなぜ言い切れるのでしょうか。

     人が自分が考えたことを正しいとしてそれのみを真理だと思い込み、それとは違う意見は誤りであり不正であり道徳的に悪だとまで看做せば、その場所はこの世の地獄になりますね。仏教用語でいえば阿修羅の世界で、たしかに「ヘル朝鮮」です。しかし、そういう社会を創り出しているのは韓国人自身です。

     私はこのたびの一連の騒擾、政治的混乱は韓国人の集団的民族的な病理の発露だと考えています。日本人はこれを十分に分析して反面教師、他山の石としなくては。
    高校生の息子さんの友達、意地悪く見れば潜在的ライバルである息子さんを韓国から追い出したいように見えますね。こんなふうに物事をとらえる私も性根が歪んでいます。乱文多謝。

    • ケン より:

      cdaさん

      コメントありがとうございます。
      そうですね~
      人の振り見て我が振り直せとも言われますから、お互い性根が歪まないようにがんばりましょ~^^

  2. 日本の場合 より:

    そっか。今知ったんですね。
    それはヘル朝鮮と言って韓国の病巣になっているのは、二、三年くらい前からですよ。
    韓国紙の日本版でも散々報道していましたし。
    今、韓国から日本への観光客がとても多いですが、彼らの生の感想をインスタや韓国ネイバーブログ等で読んでみると、
    日本人は幸せそうに生きている。ように見えるようです。
    だから日本に住みたい人続出で、実際日本の上位大学には、韓国からの留学生が中国の次または同じくらいに多い。中国の方が選抜されててより優秀な人達が来ますけれど。
    日本の大学生はそれを見ています。
    韓国からくる人達は日本企業に就職したいんだな、と。
    中国からくる人達は、日本から学んだ事を中国にもち帰って中国を発展させるつもりです。(私の学生の頃の韓国からきた留学生はこういう考え方でした)

    中韓の留学生の考え方の違いがわかりますか?
    今の韓国の若者は、韓国を発展させるつもりはもうないのです。
    自分だけどこか別の国で生きていけないか、そればかり考えています。

    私はなぜそうなるのか韓国の歴史を李氏朝鮮から調べて考えてきました。

    私の思うこうなる理由は、
    韓国の制度、社会通念、慣習、価値観が実は戦後、結局根本的に変わらなかったんですね。

    また、美化した過去を作りあげてしまい、そのギャップを埋めるために、日本をスケープゴートにしてきた。過去なぜそうなったのかという点を省みず、さらにみえないようにしてしまったんです。

    北朝鮮みたいに誰かが独裁で一つの考えにしてしまえばそれでも国はある意味安定して続いていたが、韓国は一人一人違う考えを持てた、そうするとあっち派こっち派でまとまって戦う。そんなの李氏朝鮮時代の老論派だー○○派だーというのと全く変わらないのです。
    そして儒教価値観なので、正義をそれぞれ唱えます。
    正義と正義のぶつかり合い、その時々に勝った方が正義になる国に、なりました。

    本当の正義は、戦わない事じゃないかと、私もブログ主さんのように思いますよ。
    しかし韓国がそうなっている事実は確かですよ。

    その戦いを無意味だと思う若者、どちらにも属したくない若者は、韓国では生きていけないと思う。
    そして、韓国よりもいい国を探して出ていく。

    しかしまた、その先には…
    甘い人生があるのかどうか…

    若者達は、これからさらにどんどん韓国から日本やアメリカに逃げてくると思ってます。

    韓国がそうなる問題点は、日本、アメリカ、中国のせいではなく、韓国いや朝鮮民族にあるんだという考えで、ヘル韓国ではなく、ヘル朝鮮なんですよね。李氏朝鮮時代と同じという意味で

    私がわかったのはそれくらいですね

  3. しまママ より:

    はじめまして!
    いつも楽しく拝見しています!
    私も在韓日韓夫婦です。
    ケンさんのお子様はどうですか?
    同じく韓国の未来に絶望(!?)されてますか??日本に戻りたい、とは思ってらっしゃらないですか??

    • ケン より:

      しまママさん

      コメントありがとうございます!
      我が家の子供達もあまり韓国の未来には希望を感じていないようです・・・
      ただ、日本に戻りたいというよりは、恐らく世界を駆け巡るようになると思います。
      国際カップルの家庭はいろいろ苦労や悩みが多いかもしれませんが、子供達は国境の壁を越えやすい環境で育っているので、世界で活躍できるようサポートしていければいいですよね^^
      お互いがんばりましょう!

  4. おーん より:

    僕は将来韓国に住みたいと思っているので、在韓日本人の皆さまの為にも韓国にはこれからも頑張ってほしいです

    • ケン より:

      おーんさん

      コメントありがとうございます。
      そうだったんですね。
      おーんさんのためにも、これから韓国社会がよくなっていくことを願っています!

  5. マザー より:

    世論の力で大統領を罷免して満足している人が多いみたいですが、次に大統領になるであろう(すでにダントツで支持率が高い)M氏が反米親北朝鮮であることは問題と思わない人ばかりなんでしょうかね。2011年当時、米韓FTAに反対していたんですよね、M氏は。THAAD見直し・日韓慰安婦合意見直し・就任後一番に行くのは北朝鮮・・・ってな人で本当に良いんですかね?韓国の方達は。大統領を直接選挙で選ぶのは韓国の人なわけで、韓国の若者は今から選挙権を持ったらどうすべきかよく考えておくべきなのではないでしょうか。

    • ケン より:

      マザーさん

      コメントありがとうございます。
      本当にそうですよね~^^;
      M氏は、大統領のスキャンダルが起こる直前に北朝鮮に国連決議の件でお伺いを立てていたことが問題になったのですが、大統領のスキャンダルで一気に国民の関心が薄れたので、命拾いした方でもありますから、もし、次の大統領にになったら何かのタイミングでまたこの件が再燃してくるかもしれません。
      これは韓国に限らないのですが、デモをやっている人達って感情的になっているので、全体像や代案として何が良いのか、何も考えていない人が多いと思います・・・
      一応、現在首相代行をしているF氏も含めて、保守党側が候補者を立てることによって、また情勢は変わってくるかもしれません。
      実際、じゃあ、誰が大統領になったらいいの?という根本的な問題がありますし、誰がなっても当分、混乱は続くんじゃないかと思います。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ