韓国に庶民的なプリンがないのはなぜ?

スポンサードリンク

先日、小3の娘と近所のスーパーへ買い物に行った時のことです。

娘はスーパーへ行くと、必ず、私に何か一つ食べ物か飲み物を買ってもらえるようねだってきます。

親バカな私も、なんだかんだ言いながら、その期待に応えてしまいます^^;

その日もいつも通り、娘はスーパーの中をちょこちょこ歩き回っていたのですが、その後、一言、ポツリとつぶやきました。

「プリンが食べたい・・・」

よーし、プリンかあ。
えーと、プリン、プリン、プッチンプリンは・・・

あれっ、ないぞ?

よくよく考えてみたら、私は韓国へ来てから、まだ一度もプリンを食べていないことに気が付きました。

移住3年目で初めて気が付くなんてなんて鈍感なヤツ^^;

ということで、後日、改めてプリンを探してみると、近所のロッテスーパーで見つけました!

IMG_4458

ただ、値段が一個で2,000ウォン(200円)前後とメッチャ高くなっています(-_-;)

韓国でプリンは高級食品になっていて日本で売っているような庶民的なプリンはないようです。

それだけプリンの浸透度が低いということですよね。

韓国人の妻に言わせれば、韓国人は甘ったるいのが好きではないという話をしていました。

そう言われてみると日本のカレーは売っていますが、シチューやハヤシライスは売っていません。

もしかしたら、韓国人は、まろやかな甘味が苦手なのかもしれません。

これはあくまでも私の個人的な仮説です。

もちろん、1個200円前後のプリンなんて、5人家族の我が家にとっては高すぎるので、取り敢えず、断プリンは続けていくしかありません。

これから韓国でも自由にプリンが食べられるよう、これからがんばっていきたいと思っていますp(^^)q


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ