韓国で親にパンマルを使っても良いのだろうか?

スポンサードリンク

今回は、久しぶりに韓国語の話をします。

韓国に移住すると、子供達は、家の中でもバンバンと韓国語を話すようになるのですが、最近、一つ気になっていることがあります。

img_6634

それは、高一の長男が母親(私の妻)に対して、パンマルを使っているということです。

줘봐(チョバー)
해봐(ヘバー)
이것 먹어도 되?(イゴモゴドテェ?)

という表現を息子が使うので、横で聞いていてビックリする時があります。

パンマル(반말)というのは、タメ口と言われ、いわゆる友達同士や年下の人に使う表現だと言われています。

目上の人と話をする時は、尊敬表現を使うか、或いは、語尾に요を付けるのが普通だと私は学校で習いました

だから、普通に考えれば、親に対してパンマルというのは、おかしいと感じる訳です。

スポンサード リンク

パンマルとため口の違い

そんな訳で、長男に対して、

「ちょっとその言い方はないんじゃない」

と言って怒ると、

「韓国の子供達は皆そうやって話すよ」

という返事が返ってきます。

実際、そう言われると私も困ってしまいます(-_-;)

いろいろ韓国のサイトで調べてみると、韓国で親に対してパンマルを使っている子供は多いらしいのです。

(もちろん、しつけの厳しいところでは親に対しても尊敬語を使っているそうです)

私自身”ため口”と聞くと、かなりキツイ表現のように感じてしまいます。

例えば、さっきの表現だと

줘봐(チョバー)→くれよ~
해봐(ヘバー)→やってみろよ~
이것 먹어도 되?(イゴモゴドテェ?)
→これ、食っていいか?

と私の中では聞こえてしまいます。

ただ、実際は、
줘봐(チョバー)→ちょうだい
해봐(ヘバー)→やってみて
이것 먹어도 되?(イゴモゴドテェ?)
→これ、食べていい?

ぐらいの表現のようなのです。

そういう表現であれば、大丈夫なのかもしれませんが、せめて요は付けて欲しいというのが学校で韓国語を習った日本人の本音です(-_-;)

正直、私自身も韓国語のニュアンスまではよく分かっていないので、子供に対して、言葉遣いの教育まですることは出来ません。

実は、ここだけの話・・・

韓国には욕(ヨク)という悪口の言葉が本当にたくさんあります。

子供が時々、そういう表現を使うらしく、妻は、ビックリして激怒することがありますが、私にはよく分かりません(-_-;)

本当は、そういった욕(ヨク)もマスターして、子供の言動をしっかりチェックするだけでなく、いざ、韓国の人と言い争いになった時も堂々と渡り合えるようにならないといけないんでしょうけどね(-_-;)

以上、最近は、家の中でよく分からかない韓国語が飛び交い、ちょっとセンチメンタルな気分になっているオヤジのつぶやきでしたm(__)m


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ