オボイナル(父母の日)の語源、お父さんはオマケ!?

スポンサードリンク

5月8日、韓国はオボイナル(父母の日)でした。

日本と違うのは、

●韓国は母の日と父の日が合体している。
●5月8日固定なので平日になる場合もある

という点です。

夕方、ヨンシンエの街に行ってみると、カーネーションを売る露店が10軒近く並んでいました。

IMG_4104

ここにも、

IMG_4107

あそこにも、

IMG_4106

というか・・・

IMG_4108

これ、お店ありすぎでしょ!

IMG_4109

売れ残ったらどうするの(-_-;)

と余計な心配・・・

オボイナルはレディファースト

我が家でも、子供達が、学校でメッセージカードを書いて、プレゼントをしてくれました。

IMG_4111

それはそれで、とってもうれしかったのですが、一つに気になることが・・・

子供達は、みんな「お母さん、お父さん」という順番で書いています。

「なんで、お父さん、お母さんって書かないの?」

と娘に聞いたら、

「学校の先生から、そう書くように言われたから」

とのこと。

妻にも聞いたら、

「だって、お母さんが苦労して子供産んだでしょ!」

あっ、すみません(・_・;)

スポンサード リンク

オボイナルの語源

実は、韓国のオボイナルは、元々、オモニエナル、つまり母の日だったそうです。

でも、それじゃあ、お父さんが可哀想だということで、お父さんも追加したのですが、

어(オ:お母さんの意味)
버(ボ:お父さんの意味)
이(イ:発音しやすいようについている文字)
날(ナル:日)

というように、語源では、お母さんが最初に来ているのです。

厳密に言うと、”父母の日”ではなく、”母父の日”ということになりますよね。

つまりお父さんはオマケみたいなものなのかもしれません。

真相は分かりませんが・・・

オボイナルへの提言

ところで、その日の夜、別の用事で、再度、ヨンシンネの街へ出かけたのですが、やっぱり、まだ露店のカーネーションの花はたくさん売れ残っていました。

日本の母の日だったら、私は、妻のためにカーネーションを買っていたと思いますが、韓国では、そんなこと出来ません。

だって、私も祝われる立場ですから!

韓国のオボイナルも日本みたいに、母の日と父の日で分けると、より経済効果が高まると思いますよ!

いち日本人からの提言です^^


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

4 Responses to “オボイナル(父母の日)の語源、お父さんはオマケ!?”

  1. じゃな より:

     こんにちは( ^^)
    何処の国もお母さんが先になりますね。
    頑張れ~ケンさん

  2. ケン より:

    じゃなさん
    コメントありがとうございます!
    最近は、世界的に女性が強くなりましたよね~
    特に、韓国のアジュンマパワーは絶大なので、私も負けないようにがんばりますp(^^)q

  3. ttkazoku より:

    韓国でも、カーネーションなんですね!
    露店で売っているのは、なかなか日本では見ない光景です。
    海外生活も長くなり、いろいろストレスもおありでしょう。お子さん達のためにもパパ頑張って!

  4. ケン より:

    ttkazokuさん
    コメントありがとうございます!
    私が住んでいるところは、ソウルの中でも田舎の方の恩平区なので、露店が多いのかもしれません。
    江南だったら多分ないですよね^^;
    韓国もカーネーションですが、日本に比べると、胸につけるタイプや鉢植えタイプのものが多い印象がありました。
    暖かいお言葉ありがとうございます。
    ttkazokuさんも、お体に気を付けて素敵な日々をお過ごしください^^

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ