「現金領収証は必要ですか?」韓国ならではの税金システムとは?

スポンサードリンク

「ヒョングンヨンスジュン、ピリョハセヨ?」
(現金領収証は必要ですか?)」

これは、韓国のお店で買い物をした際、現金で支払いをした時に、店員さんからよく聞かれる質問です。

現金領収証をもらっておくと、年末調整の際、それが控除の対象となります。

現金領収書をもらうには、レジにおいてある機械に、携帯電話番号などの個人情報を入力するだけでOKです。

IMG_3906

私は、以前までは、それを聞かれても、丁重にお断りしていたのですが、妻から「私の番号を入力しておいて」とお願いされるようになってから、妻の携帯電話番号を入力するようになりました。

ピッピッと番号を入力すると、ちょっと大人になったような気分になります^^

(というか、既にオッサンなのですが・・・)

ちなみに日本だと、領収書が大切になってくるのは、法人のみで、さらに領収書の原本をまとめて取っておく必要があります。

しかし、韓国の場合は、住民登録番号で、すべての情報が繋がっているので、ピッピッと入力した後、紙のレシートは、捨ててもOKです。

スポンサード リンク

韓国の税金の仕組み!?

そんな制度を利用しているからなのか、韓国の税金の仕組みは、日本と比べて、ちょっと変わっているところがあります。

韓国では、同じ給与でも、支出が多いと税金が安くなります。

ただ、同じ支出でも、マンションや車などを買うと、それは財産と見なされるので、税金は、高くなります。

(友達の話だと、より高級な車を買うほど、税金は、高くなるのだとか・・・)

銀行口座の預金が多くても税金は高くなります。

つまり、国民がどれだけの資産を持っていて、どれだけの支出をしているのかが、すべて筒抜けになっているからこそ、こういうシステムが可能とも言えます。

現金領収書も、番号の入力だけで済んでしまうので、とても便利ではあるのですが、考え方によっては、ちょっと怖いのかもしれませんね。

まあ、韓国に住んでいるので、あまり深いことは考えないようにしていまーす^^;


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

2 Responses to “「現金領収証は必要ですか?」韓国ならではの税金システムとは?”

  1. ttkazoku より:

    韓国は、本当に住民番号ですべてが管理されてるんですね!税金までですか~!
    やはり、便利ですか?個人情報が国に管理されてるんだと、慣れない日本人は怖い感じもしますが。

  2. ケン より:

    ttkazokuさん
    コメントありがとうございます!
    例えば、韓国だと、車を路上駐車する際、誰かが動かして欲しい時に連絡が取れるよう、持ち主の携帯電話番号を窓のところに貼っておくのが、マナーになっています。まさに個人情報を丸出しですよね。そういった意味では、日本と感覚が結構違うのだと思います。
    あと、私の妻は、日本で永住権を一度取ったので、韓国に来てから、しばらく住民番号を持つことが出来ませんでしたが、携帯電話番号などを自分の名前で契約することが出来ず、ネットでの簡単な登録作業も出来なかったりして、かなり苦労していたことがあります。
    住民番号は、あれば便利というよりは、ないとまともに生きていけないところがありますよね^^;

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ