北漢山のトレッキングコースで得た教訓

スポンサードリンク

先日、家族で北漢山(プッカンサン)へ行って来ました。

以前、一度登ったことはあったのですが、今回は時間があまりなく、嫌がる次男を無理矢理引っ張ってきたこともあり、トレッキングコースを回ることに。

トレッキングコースは、北漢山の入口で左側のコースへ進むようになっています。

IMG_3989

登り坂があるワケでもなく、美しい自然を見ながらのコースは、なかなか乙なもの!

IMG_3988

と思っていたのですが・・・

何だか、途中からやたら民家が目に付くように。

IMG_3994

トレッキングコースに入ったら、見渡す限り、自然、自然、自然になって欲しいのですが、なかなかそんな感じにはなりません。

さらに、驚いたのは、”孝子の門”というところをくぐると・・・

IMG_3996

えっ(´・∀・`)

IMG_3997

そんなっ(゜ロ゜)

IMG_4001

なんとトレッキングコースが、道路と合流してしまいました。

これ、ただの道じゃん(;´∀`)

妻曰く、

「北漢山に来た実感が湧かない・・・」

うーん、確かに・・・

スポンサード リンク

山に行ったら山に登るべし!

結局、この日は、道にも迷ってしまったり、子供が、途中で迷子になってしまったり、結構、散々な散策となってしまいました。

やっぱり山に行ったら山に登らないと充足感は得られないことがよ~く分かりました。

人生も登り坂を避けて、楽な道を選ぼうとしたら、結局、中途半端な結果しか得られないんでしょうね。

う~む(* ̄ ̄ー ̄ ̄)ニヤリ

と、人生の大切な教訓を得られた気分になっていた横で、「やった、やったー、山に登らないで良かった~」とはしゃぐ我が家の子供達

次の機会では、妻との登山デートになる可能性大です^^;


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

このページの先頭へ