KBSドラマで視聴率が40%を超えた土日ドラマ、”家族なのにどうして?(가족끼리 왜 이래)“が遂に今週末、最終回を迎えます。

familybut

ドラマの後半では、一家のお父さんであるスンボンが、ガンであることが分かり、余命は3ヶ月と宣告され、ドラマの深刻さが一気に増していきます。

スンボンは家族に心配をかけさせまいと、家族に病気の事実を隠し続けますが、スンボンの家族は、いろいろなことをきっかけにして、一人ずつスンボンの病気に気が付いていきます。

長男のガンジェは、父スンボンの治療に全力を尽くし、ダルボンは、父、スンボンの豆腐店を継ぐ決心をしながら、自分たちが父のために何が出来るかを模索していきます。

しかし、その一方で、スンボンの病気が分かった長女のガンシムは、父を心配させないように気が付いていないフリをするのですが、それによって、誤解が誤解を生んでいく展開に・・・

ガンシムは、スンボンを安心させるため、GKグループ会長の息子で常務のテジュに、プロポーズをして、婚約をするのですが、急いで式を挙げようとする理由を父スンボンに悟られないようにするため、思わず、「妊娠をしたから」とウソを言ってしまい、事態は思わぬ方向へ進んでしまいます。

(正直に言っちゃえば、簡単に話が終わるのですが、これも韓国ドラマの定番パターンかもしれませんね^^;)

それでも、最後は、相手を思いやるが故にお互いに隠していたことを知るようになり、家族の絆は、更に深まっていくのでした。

そして、遂に迎えたガンシムの結婚式の当日。

実は、ここまで家族の中では、ただ一人、スンボンの病気のことを知らなかったスンボンの妹、スングムが、ふとしたきっかけでスンボンの病気のことを知ってしまいます。

気が動転してしまったスングムは行方が分からなくなり、結婚式場は大騒ぎに・・・

と、ここまでが、最終回直前までのあらすじです^^

最終回のみどころ

最終回のみどころは、なんといっても、

「父、スンボンは死んでしまうのか」

という点です。

実は、KBSの土日ドラマは、家族向けに作られているので、基本的にはハッピーエンドになります。

ですから、ドラマの重要な役どころの人物が死んでしまうことは基本的にありません。

実際、途中までは、もう助からないと言われていた父スンボンですが、最後の治療をするための検査入院をしたので、

「もしかしたら奇跡的に回復するかも」

という期待を抱かせてはいますが、その一方で、私の妻は、

「いや、スンボンは死ぬことになっているみたいよ」と言っていますし・・・

個人的には、やっぱり奇跡的な回復とハッピーエンドを期待しているのですが、さあ、物語の行く末は、どう展開していくのでしょうか?

日本では、すでに、”家族なのにどうして?”の放送が始まっているそうですが、日本の皆さんに先駆けて、最終回を堪能させて頂きます^^

合わせて読みたい記事