キッズフォンは、韓国の子供たちを救ってくれるか?

スポンサードリンク

先日、韓国のテレビショッピングで、キッズフォンを安く販売していたので、妻が、小5の息子と小2の娘のために、買って上げました。

IMG_3204

キッズフォンというのは、腕時計型の電話です。

最近は、CMなどでも結構話題になっています。

基本的な機能としては

●電話が出来る
●メールの受信が出来る(発信は出来ません)
●親はスマホのアプリを通じて子供の位置情報を把握できる
●振った時に音が出るような機能がある(おならの音とかありました^^;)

というぐらいで、結構シンプルな作りになっています。

子供たちは、初めての電話を持てるということで、注文した時から大興奮状態が続いていて、娘も、「うれしすぎてご飯が食べられない」と言っていました^^

スポンサード リンク

韓国の子供たちのスマホ普及率はスゴイ

私自身、韓国ではガラケーを持っている子供を見たことがありません。

また、中学生になったら皆スマホを持つようになります。

ちなにみ、小学生の子供達に聞いたら、

「クラスのほとんどの子供たちはスマホを持っているよ」

という話をしていました。

ただ、私の経験上、子供にスマホを渡すと、スマホ依存症になる可能性大です。

ゲームにハマり、YouTubeを見まくり、深夜まで友達とカカオトークのやり取りをする

実は、我が家の長男もそんな感じです・・・

スマホにハマると確実に勉強をやらなくなります(T-T)

韓国では、スマホの普及率がハンパないですが、スマホにハマりまくる子供たちを見ながら、「この国の未来はどうなってしまうのだろう」と私はマジで心配しています。

子供にキッズフォンが持たせる本当の理由

キッズフォンは、子供の位置情報が分かりますし、電話も出来るので、親にとっても安心という見方もありますが、私は、別の意味で、子供にキッズフォンを持たせたら良いと思っています。

それは「スマホを持つ時期を遅らせる」という観点です。

キッズフォンを与える前、小学生の息子と娘は、

「クラスの友達は、皆スマホ持っているから買って~」

としょっちゅうネダッていました。

でも、キッズフォンを与えて上げて、それだけで毎日ウキウキしているので恐らく当分は、スマホが欲しいとは言わなくなると思います。

電話機能があれば、それで十分です。

小学生にスマホを持たせるなんて百害あって一利なしです!

これから、小学生には、スマホではなく、キッズフォンを持たせる親が増えればいいんですけどね~

キッズフォンは、韓国の子供たちを救うデバイスになってくれるのではと密かに期待しています。

日本でスマホが本格的に普及するのは、これからだと思いますが、韓国での教訓を生かして、事前に、いろいろな対策を打っていければいいんじゃないかなあと思います^^


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

2 Responses to “キッズフォンは、韓国の子供たちを救ってくれるか?”

  1. 竜虎豚 より:

    これ、うちの子もほしがってますね。
    クラスメートの何人かが持ってるらしくて・・・
    確かにスマホを持つ時期を遅らせることになる可能性はありますね。
    ただ、親の意識のレベルが低いので、学校で携帯端末やネットに関する教育をしっかりすることが長期的には大事なような気がします。
    またお邪魔します。

  2. ケン より:

    竜虎豚さん
    久し振りにコメント頂けて、うれしいです^^
    日本だと、PTAとか親が役員をやったりする機会が多いですが、韓国だと親が学校に任せっきりになってしまうパターンが多いので、なかなか難しいところがありますよね~
    親の悩みはお互い尽きないところですね^^;

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

このページの先頭へ