suspect

韓国の人気俳優コン・ユ主演の映画、”용의자(容疑者)“を観に行きました。

派手なアクションシーンが満載で、結構、楽しめる娯楽作品でしたよ^^

そこで、今回は、용의자(容疑者)のあらすじやレビューをお伝えしていきます!

용의자(容疑者)のあらすじ

北朝鮮の特殊部隊の傭員だったけれども、北を追われることになり、韓国で、細々と暮らしていたドンチョル(コン・ユ)

しかし、北朝鮮を訪問しようとしていた韓国の大企業の会長殺人事件の濡れ衣を着せられ、突然、容疑者として追われるようになってしまいました。

一方、空軍の特殊部隊CCTの訓練教官のミン・セフン(パク・ヒスン)は、韓国、国家情報院室長のキム・ソクホ(チョ・ソンハ)と共にドンチョルを追いかけていきます。

しかし、セフンは、事件に絡む中で、この殺人事件はドンチョルが犯人ではなく、ソクホが絡んでいたことに気が付くようになります。

용의자(容疑者)のレビュー(感想)

コン・ユの格闘シーン、派手なカーチェイス、スカイダイビング、などなど見応えのあるアクションシーンが、テンコ盛りになっています。

(相当、お金を掛けたんだと思います)

例えるならば、マット・デイモンのボーンシリーズの韓国版という感じですね。

もちろん、ストーリー的には緊迫しているのですが、派手なシーンがたくさんあるので、そういったシーンを「おー」という感じで楽しめる娯楽作品に仕上がっています。

コン・ユは、韓国のカヌというコーヒーのCMでよく見ていたので、爽やかな青年のイメージがあったのですが、”容疑者”の映画では、スタントなしで、すべてのシーンを演じたそうで、その迫力がすごかったです。

あと、コン・ユを追いかけるパク・ヒスンもかなりいい味出しています。

男の格好よさ、渋さを満喫したい方には、是非、オススメしたい映画ですね。

ちなみに、映画を観ていると、中田英寿に雰囲気がよく似た殺し屋と、つぶやきシローに似た記者が出てきます。

本当かなーと思う人は、日本で公開されたら、是非、確認してみてください^^

ということで、용의자(容疑者)のレビュー評価は5点満点で4.2点です。

娯楽作品としては、楽しめるけれども、心を揺り動かすほどの感動はないので。

(それなりの感動はあります)

でも、気楽に楽しむ娯楽作品としては、十分な作品になっていますよ!

合わせて読みたい記事