クレヨンポップの曲とルパン三世とテーマのイントロがそっくり

スポンサードリンク

我が家の子供達は、普段、妻のスマートフォンを使って、韓国のいろいろな動画を見たり、音楽を聴いたりしています。

冬休みなので、一日中、スマートフォンにハマっています(T-T)

ある日、私は、別の部屋で仕事をしていたのですが、何だか、ルパン三世の音楽が聞こえてくるのです。

「あれっ、なんでルパンなんか見ているんだろう?」

と思って聞いていたのですが、よ~く聞いてみると、何だか変な感じなので、子供達を呼んで、

「今、何、聞いているの」

と尋ねました。

すると、「これだよ」といって教えてくれたのが、この音楽でした。

この曲は、クレヨンポップというグループが歌っている
ロンリークリスマスという歌です。

クレヨンポップは、今年パパパという歌で大ブレイクしたグループで、我が家の子供達も、

「パパパーパパパパパー」といつも歌っていました。

そのクレヨンポップが新しい曲を出したので、我が家の子供達は、その曲にもハマッていたという訳です。

あまりにイントロがルパン三世そっくりなので、今度は、YouTubeで、ルパン三世のテーマを検索して、息子に聞かせながら、「この音楽知っている」と尋ねてみました。

息子は、イントロを聴きながら、

「これは知っているよ~(だって、クレヨンポップの歌だもん)」

と答えたのですが、途中から、まったく知らない曲になったので、キョトンと、狐につつまれたような顔をしていました^^;

ネットで”クレヨンポップ ルパン三世”と検索したら、やっぱりみんなこのことに気が付いて、話題になっているようですね。

韓国に定着している日本の文化

今回の件の詳しい事情はよく分かりませんが、韓国に住んでいると、時々、日本の曲をリメイクした曲を耳にします。

チューブとかは、よくリメークされていますね。

“シーズンインザサン”とか、”ガラスのメモリーズ”とか尾崎豊の”I love you” もリメークされていますし、あと中島美嘉の”冬の華”もリメーク版を聴いたことがあります。

アニメとかもそうですが、韓国に住んでいると日本の文化が生活のいろいろな所に入って来ていることが分かります。

日本での韓流はブームみたいな感じでしたが、韓国での日流は、特に若年層を中心として生活の中に定着しているという感覚があります。

ちなみにクレヨンポップのこの曲を作った人もやっぱりルパン三世の大ファンだったんですかね^^;


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

2 Responses to “クレヨンポップの曲とルパン三世とテーマのイントロがそっくり”

  1. yamamot03 より:

    初めまして。
    yamamot03 と申します。
    2012年11月からヨンシンネに住んでいる日本人です。
    日本では川崎市の隣の鶴見区に住んでいました。
    ヨンシンネ付近で日本人の方を見かける事は少なく、ここ近辺の情報等を書かれていて興味深く拝見しました。
    また、お勧めのお店等の記事楽しみにしています!

  2. ケン より:

    yamamot03様
    コメントありがとうございました。
    私も2012年の11月にヨンシンネ付近に
    来たんですよね!
    日本では、川崎市の高津区に
    住んでいましたし^^
    確かにヨンシンネは、本当に日本人が
    いないですよね。
    これからも、数少ない日本人同士
    どうぞ、よろしくお願いいたします。
    オススメのお店情報も
    良いところがあれば、是非、
    紹介させて頂きます^^

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

このページの先頭へ