済州航空で名古屋へ、口コミ情報、機内食は?快適度は?

スポンサードリンク

先日、1年4ヵ月ぶりに日本へ行ってきました。

行先は名古屋方面だったのですが、旅行会社の方へ

どの航空会社が一番安いのか聞いたら済州航空とのこと。

済州航空と言えば、LCC(格安航空会社)として有名なところです。

でも、実際のサービスや快適度はどうなんだろう?

ということで、乗ってみた感想を書いてみました。

シンプルなサービス

名古屋行の便を見て、一番最初に受けた印象は・・・

IMG_2377

「飛行機、ちっちゃ・・・」

という感じでした。

国際線でこんなに小さい飛行機が飛んでいるなんて^^;

中の通路も一つしかないので、誰かが通路の途中で止まってしまうと、全体の流れがストップしてしまう感じです。

まあ、アットホームな感じとも言えましたけどね。

IMG_2385

済州航空は、まだ歴史の浅い会社なので、客室乗務員の方も若い方が多かったです。

そういった意味では初々しい感じがあります。

LCCなので、座席のスペースが小さいのでは、と心配しましたが、それほど小さいという印象は受けませんでした。

IMG_2381

ただし、

テレビはありません。
オーディオサービスもありません。

そして、もちろん機内食もありません。

その代わり、飲食物はすべて有料で販売しています。

これが、そのメニュー表です。

IMG_2383

IMG_2384

まあ、それなりのお値段という感じでしょうか。

客室乗務員の方が、機内販売という感じでやっていましたが、イメージ的には、新幹線の車内販売という感じです。

ちなみに、ビックリしたのは辛ラーメン
あったこと・・・

これ食べたら、機内にラーメンの匂いが充満するのではと心配していました。

実際に、帰りの便で、近くに座っていた人がラーメンを食べていましたが、案の定、機内においしい匂いが充満していました^^;

でも、機内で無料で出るものもありましたよ!

それは・・・

冷たい水です!

IMG_2386

うーん、まあLCCですからね。

贅沢なんて言ってられません。

しっかり冷えていただけでもラッキーと思わなければ。

一言でいえば、済州航空のサービスはシンプル!

後は若さで勝負という感じですかね。

ちなみに済州空港の場合、金浦空港では、搭乗ゲートから飛行機に乗る場合、バスを利用したり、仁川空港に到着してから入国審査のところまで電車に乗ったり、そういった意味での不便さはあります。

快適かと言われると、最低限のレベルはクリアしていると思いますが、あくまでも最低限なのであとは、航空券代の安さと比べて、どちらを取るかという感じですね。

まあ、なんだかんだいって、貧乏旅行が好きな私は、次回も、済州空港を利用するんでしょうけど^^;


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

このページの先頭へ