韓国ではとても便利なカカオトークが時々もたらす悲劇

スポンサードリンク

韓国の人達は、チャットで友達や家族とやり取りする際、みんなカカオトークを使っています。

kakao

日本では、スマートフォンでLINEを使っている人が、圧倒的に多いですが、韓国で、LINEを使っている人を私はまだ見たことがありません。

LINEを作った会社は、元々韓国企業の日本法人だったんですけどね^^;

とにかく、このカカオトーク、韓国では使ってない人がいないと言っても良いぐらいです。

あと、カカオトークは、ソーシャルネットワーク系のカカオストーリーというアプリとも繋がっていて、カカオトークとカカオストーリーがあれば、ほぼすべての韓国の人達と繋がることが理論的には可能なのです!

妻も、韓国に来てから、この2つのアプリで、20年ぐらい会っていない高校時代の友達と一気にネットワークが出来てしまいました。

恐るべし、カカオトーク

しかし、我が家では、時々、悲劇が起こります・・・

韓国のスマートフォン用ゲームは、他の人に紹介する時、カカオトークを通じて、招待メールを送るように出来ているんです。

我が家の子供たちは、妻のスマートフォンを使って、ゲームをしまくっているのですが、時々、間違って招待用のボタンを押してしまいます。

実は、一度、そのボタンを押してしまうと、かなりの人に送られてしまうようで・・・

なに、これ~、学校の担任の先生にも、○○ちゃんのお母さんにも、みんなゲーム送っているじゃないヽ(゚Д゚;)ノ!! 」

という、妻の叫び声が、2ヶ月に1回ぐらい家中に響き渡ります。

恐るべし、カカオトーク・・・


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

このページの先頭へ