移住後、子供が書いてくれた初めての韓国語の手紙

スポンサードリンク

家族が、韓国に移住して、8か月

小4の次男が、5月9日のオボイナル(父母の日)の時、生まれて初めて、韓国語で手紙を書いてくれました。

oboi

日本語に訳すと

「お父さん、お母さん、僕が言うことを聞かないで本当にごめんなさい。僕に、いつもよくしてくれてありがとう。

学校の生活は楽しいよ。

お兄ちゃんとたくさんけんかする時、ママが、やめなさいと言いながら、お兄ちゃんをやりこめてくれて、本当にありがとう。

それと、本当に愛しているよ。ママとってもありがとう。

もっと、がんばるからね。」

次男らしい素直な文章に、夫婦二人で爆笑でした^^;

でも、韓国語上手になったね。

子供は、やっぱり上達が早いです^^

もうちょっとしたら、完全に、私より韓国語が、うまくなるんだろうなあ・・・

それと、もう一つ、

もしかして、オボイナル(父母の日)をオモニナル(母の日)だと勘違いしていない(T-T)


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

このページの先頭へ