ソウルの学校で聞かれる意外な質問


小1の娘の学校への提出物に、家族のことについて書く書類がありました。

kakun

それを書いていた妻が、

「ねえ、あなた、我が家の家訓って何?

と聞いてくるのです。

えっ、そんなことまで書くの?

家訓ねえ・・・

私「一応、私の好きな言葉は、人間万事塞翁が馬だけど・・・」

妻「えっ、そういうのじゃなくて、もっと、他のはないの?」

結局、妻が家訓がいろいろ載っているサイトから、

有德者 必有言 (유덕자 필유언) 덕이 있는 사람은 반드시 착한말을 가지고 있다)
(徳のある人は、必ず良い言葉を持っている)

というのを選んだのですが、こんな感じでいいのかな^^;


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



合わせて読みたい記事

韓国の中学生(男の子)の特徴とそうなっている理由... こんにちは!韓国在住日本人のケンです。 韓国の学校に通う子供は、現在、中学二年生なので、最近は、韓国の中学生について観察する機会が増えて来ました。 ...
韓国で子供達が公文をスタート!日本との違いは?... 先日から、子供達が公文を始めることになりました。 韓国にも公文があるのですが、日本の公文とははっきり違う点があります。 それは、日本だと、くもん、い...
韓国の習い事事情~バレエを習い始めた娘と親の悩み... 韓国の子供達も日本と同様にいろいろな習い事をやっています。 我が家の娘は、最近、韓国でバレエを習い始めました。 その様子も含めて、韓国の習い事事情に...
韓国の高校生活は勉強が超ハード!日本の学校との違いは?... 今年の春、我が家の長男が、高校に通い始めました。 韓国の場合、中学もそうですが、高校も日本と比べてかなり違います。 今回は、そこら辺のお話をいろいろ...
娘は韓国で何歳!? この間、ソウル近郊の遊園地へ行った時、幼児専用の遊び場がありました。 そこには、「6才以下の子供が遊べます」と書いてありました。 あれっ、こ...
次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ