こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

コロナウイルスの影響で、韓国から日本への渡航制限が掛かってしまい、かなり大変な事態になって来ましたね。

日本でも、学校が臨時休校になっていますが、韓国でも今は休校の期間が続いています。

ただ、日本とは少し違うのかなあという事情もいろいろありまして・・・

そこで今回は、コロナウイルスで学校が休校になって韓国ではどんなことが起きているのか、我が家の事情も織り交ぜながら、お伝えしていきます。

■3月22日追記

韓国の学校は新学期の開始日が3月初めから4月6日に延長されているのですが、それでもコロナが収束しない場合は、オンラインでの授業を検討しているそうです。

韓国語ですがニュース記事はこちら

韓国はIT国家ですし、子供達は、基本的にスマホを持っていますので、システム的にも何とか出来そうな感じがします。

これ以上、延期すると、来年の入試に影響が出て来るからという理由からなのですが、これを機に韓国の教育界ではオンライン化が加速するかもしれません。

個人的には、特に塾とかオンラインでまったく問題ない気がします。

そちらの方が授業料は安くなるでしょうし、教育格差の是正にも繋がるのではないでしょうか。

韓国の学校の休校は再延長

韓国では、日本と違って、新年度が3月初旬から始まります。

しかし、コロナウイルスのため、2月の段階で、新学期の開始が1週間延期されて3月9日から始まることが決まりました

そして、コロナウイルスの感染の拡大によって、今は、さらに2週間ほど、延期になっているというのが実情です。

私の次男が通う高校は、元々3月2日から新学期の予定でしたが、今は3月24日からということになっています。

韓国は、日本と比べて冬休みと春休みが、ほとんど繋がっていて、かつすごく長いです。

>>韓国の学校の冬休み期間と親のかなり深刻な悩みとは・・・

ですから、我が家の子供達が学校に通っていたのは、遠い昔のような気がしています^^;

ちなみに、日本では、学校が臨時休校をするか、最終的な判断は学校側に委ねられています。

でも、韓国の学校は強制的に休みとなります。

ここら辺も日本と韓国ではちょっと違う点ですよね。

コロナウイルスで韓国の塾はどうなる?

ただ、韓国では、学校だけではなくて、もう一つ考えなければならない重要な要素があります。

それは、韓国の子供達の大半は、塾(韓国語でハグォン)に通っているということです。

韓国は、学歴社会ですから、学校だけではなく、塾で学ぶことに熱心な子供達もたくさんいます。

なので、韓国の学校が休校になることによって、韓国の子供達にはある焦りが生じているというんですね。

それは、

「自分が休んでいる間に、他の子供達が、勉強をがんばって差を付けられたらどうしよう・・・」

という気持ちです。

その結果、韓国の子供達は、ずるずると心が引きずられるように塾へ通うようになってしまいます。

先日、我が家でも、娘との間でこんな会話がありました。

娘「明日、絶対、塾へ行く~」

私「え~、今は、コロナウイルスで学校が休みなんだから、塾も行っちゃダメでしょう・・・」

娘「だって●●ちゃんも、▲▲ちゃんも塾に行っているんだもん!」

私「う~ん」

これじゃ、学校を休みにする意味が薄れちゃうなあと思いつつ、韓国の子供達のもどかしい気持ちを感じるのでありました・・・

コロナウイルスに対する塾側の対応とは?

実際、ソウルの江南は、教育熱が非常に高いので、学校が休みになろうと、関係なく多くの子供達が、塾に通っているという話も聞きます。

ただ、その一方で、子供達が外に出なくても大丈夫なよう配慮している塾もあります。

例えば、私の次男の友達の中には、スカイプで塾の授業を受けたりしている子もいます

あと、我が家では塾だけでなく、公文でも習わせているのですが、韓国の公文は、公文の教室に行くのではなく、公文の先生が家に来るというスタイルになっています。

ただ、コロナウイルスの影響で、先生も我が家に来るのが難しくなったので、

  1. 公文の教材を公文の人が我が家のポストに入れる
  2. 子供達はそれを見ながら、先生と電話で話をしながら授業を受ける
  3. 公文の宿題をやったら家のポストに入れておく
  4. 公文の人がその宿題を回収する

という不思議なスタイルを取っています。

あと、我が家の子供達も一週間、塾を休んだので、塾の先生も経営が大変だろうなあと思っていたのですが、翌週は、2週間分の授業を受けたりして・・・

なんだ、結局、塾にガンガン行っているじゃんというお話になりました^^;

まとめ

韓国でも、日本と同様、学校が休みになっていますが、日本と違い、韓国では強制的に学校を休みになることが出来るので、その点では徹底しています。

しかし、その一方で、韓国は塾社会ですし、他の子達には負けたくないという心理も働き、塾に通う子供達は、それほど減っていません。

そういった意味で、子供達を取り巻く環境は、何となくギクシャクした感じがあります。

また、我が家の娘は、学校がずっと休みで、家の中でゴロゴロとしているので、最近、顔が青白くなってきました

そういった娘を見ながら、子供達が健全な暮らしが出来るよう、一日でも早くコロナウイルスが収束することを願う今日この頃です。

↓いつも応援して頂き、本当にありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

>>韓国のコロナウイルスの状況をレポート!学校・マスク・街の様子まで

合わせて読みたい記事