こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

先日、明洞に行った時のことをレポートさせて頂きましたが、たくさんの反響を頂き、大変感謝しております。

ただ、その一方で、明洞以外の場所はどうなっているのか、気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、今回は、韓国の一般の地域が、コロナの新規感染者が減る中で、どう変わって来ているのかお伝えしていきます!

ソウルの街は人手が戻りつつある?

先回の記事で、明洞のように、普段、外国人観光客で埋め尽くされているところは、まだガランとしてるとお伝えしました。

>>明洞の今!(2020年4月)コロナは収まってきたけれど・・・

しかし、その一方で、ソウルの一般の街は活気がかなり戻って来ています

もちろん、まだほとんどの人達がマスクを着用しています。

でも、マスクを着用していること以外は、ほぼ普段通りの生活をしているといっても過言ではありません。

一つ興味深かった光景があって、4月25日のことですが、ソウル、ヨンシンネの街を歩いていると、長蛇の列が出来ていました

実は、これ、ロトくじを求める列なんですね。

韓国でコロナが流行り始めた頃、マスクを求めて長蛇の列が出来ていました。

しかし、今は、生活の大変な人が、家計のV字回復を求めて、くじを買い求めているのかもしれません。

そして、4月29日、江南の狎鴎亭(アックジョン)のデパートへ行く機会があったのですが、たくさんの人達で賑わっていました。

3密と言えば3密ですが、みんなあまり気にしていない感じです。

さらに、その日の夜、ソウル、ヨンシンネの夜の街を歩いてみたのですが、韓国では、4月30日から連休が始まるせいか、飲食店でも多くの人達が溢れかえっていました

特に若者は、家の中でじっとしていることが、これ以上、我慢出来ないのかもしれません。

こんな感じで、ヨンシンネの街はかなり活気づいています。

そして、4月30日に妻が近所のスターフィールドというモールへ行ったので、写真を撮ってもらいました。

スターフィールドは、4月11日の記事でも紹介しましたが、少し前まではガラガラでした。

しかし、この日は、かなり人が集まっていたんですね。

もちろん、コロナのことは引き続き注意しなければなりませんし、油断は禁物です。

でも、活気づいた街の雰囲気を見て、何となく少しホッとしている自分がいます。

スポーツジムも再開してみたところ・・・

かくいう私も、先日、長い間、休んでいたスポーツジムを恐る恐る再開することにしてみました。

スポーツジムで受付をする際は、当然のことながら、手を消毒します。

そして、体温を測定し、最近、発熱がないか、直近の2週間で海外に行っていないかなどについて、所定の用紙に記載し、自己申告をします。

やっぱり、スポーツジムは、慎重にならざるを得ないよなあと思いながら、服を着替えに行こうとしたら、受付のスタッフから意外なことを言われたんですね。

「すみませんが、運動をする時もマスクをして下さい。」

えっ・・・

ジムで運動する時は、周りの人達とある程度の距離を取っていれば、大丈夫じゃないかと思いましたが、ルールだから仕方ありません。

実際、このルールは、国から決められているとのことなので・・・

ただ、マスクをしながらランニングマシーンで走ると、かなり苦しいです

気分は高地トレーニングといった感じでしょうか。

すぐに汗をかいて、マスクがびっしょりしてきますし、いつもの爽快感をなかなか味わえず困りました・・・

また、スポーツジムは間隔を守るため、1台ごとに電源を切っていました。

さらに、運動器具の一つ一つにも、消毒液を置くなど、いろいろな対策を打っていたんですね。

ちなみに、スポーツジムの受付の人に、どれくらいの会員の人々がジムに戻って来たのか聞いたところ、70%ぐらい回復してきたとのこと。

ジムは気を付けるべきところなので、すぐ100%元のようにという感じにはいかないかと思います。

しかし、少しずつでも、良い方向に向かって行けばいいですよね。

不安は的中しなかった!?

このように韓国では、マスクを着用し続ける状態が続いていますが、それ以外では、徐々に、普段の生活を取り戻しつつあります

また、最近、暑くなってきたせいか、マスクをしない人もチラホラ見かけるようになって来ました。

韓国の学校は、5月11日から、まず中3、高3で登校を再開し、問題なければ翌週から、全校生徒が通い始める予定をしています。

韓国でも、4月30日~5月5日にかけて、休みの日が多く、ゴールデンウイークみたいな期間に突入しています。

まだ海外には行けないので、済州島へ行く人がかなり増えているとのことです。

そういった話を聞くと、これから2週間後ぐらいに、韓国で再び感染者が爆発するのではないか心配する人もいらっしゃるかもしれません。

ただ、私自身は、4月15日に韓国で選挙が終わった後、感染者が爆発的に増えるのではないかと心配していました。

なぜなら、選挙が行われる前から、韓国では、人の流れがかなり戻っていたからです。

ただ、選挙が終わって、2週間過ぎた後でも、新規の感染者はそれほど増えていないというか逆に減っています。

幸い、私の不安は的中どこから、今のところ、思いっ切り外れています

そういった中で、正直言うと、今の生活を続けていても大丈夫なのかもしれないという気持ちが、私の心の中で芽生えつつあります。

韓国から日本を見て

私自身、日本人なので、日本のニュースを毎日気になってチェックし続けています。

日本では先が見えない自粛生活が続いているので、私も心苦しい思いでいっぱいです。

日本と韓国では事情が違うので、単純比較は出来ません。

でも、韓国に住んでいると、日本でもいろいろなコロナ対策を続けながら、経済を再開する方向にも動いていくことは出来ないものかと、どうしても考えてしまいます。

今は、何が最善の策なのか、正直、よく分かりません。

ただ、とにかく日本の皆さんの苦しみが和らぐ方向へ進んでいくことを心から心から願っています。

↓いつも応援して頂き、本当にありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

>>ツイッターもやっているのでフォローして頂けるとうれしいです!

合わせて読みたい記事