韓国のコロナの現状!今、韓国では一体何が起こっているのか?


こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国では、コロナの感染が再び、急速に課題になっていると、日本のテレビでも報道されているかと思います。

そこで、実際、現地では、どんな様子なのか、韓国に住む立場からお伝えしていきます。

(私自身、元々、在宅で仕事をしていて、コロナの影響でさらに身動きが取れなくなっているところがあるので、ニュースや韓国人の友人の方からも情報を得ながらまとめています。)

8月15日を過ぎてから突然・・・

韓国では、日本でのお盆の時期ぐらいまでは、コロナのニュースをテレビでほとんど報道していませんでした。

その理由は、観測史上最長の梅雨が続いていたからです。

テレビを観ていても、連日、大雨の被害のニュースばかりで、私も「一体、いつになったら、雨が止むのか」としょっちゅう考えていましので・・・

ところが、8月15日を過ぎた頃から、急に、コロナのニュースが一気に増えたのです

特に、ニュースの中では、以下の2つが大きな感染経路になっていると盛んに報道されています。

  • サランチェイル(愛第一)教会で集団感染が起こった
  • 8月15日にソウルの光化門(カンファムン)で行われた集会で感染が拡大した

サランチェイル教会とは、韓国ではサイビと呼ばれる新興宗教です。

韓国は、宗教が盛んで、熱心の教会に通う人達は本当に多いです。

また、韓国ではデモをする人たちも本当に多いですが、特に、ソウルの光化門は、大規模なデモが行われる場所として有名なところです。

こういったところは、やはり密になりやすく感染源になりやすいというのは、韓国ならではの傾向なのかもしれません。

感染拡大の兆候はもっと前からあった?


テレビの報道を見る限りでは、サランチェイル教会と光化門のデモが、コロナ再拡大の原因だという印象を与えがちではあります。

ただ、もっと広い観点から見ると、原因はそれだけではないと感じています。

韓国では、私も含めて、韓国に住んでいる人達に気の緩みがあったことは事実だからです。

もちろん、地下鉄やバスなどの公共交通機関では、マスクの着用が義務付けられていました。

ただ、ショッピングセンターは、すごく活況がありましたし、飲食店街に行くと、みんなギッシリ身を寄せ合いながら楽しく食事をしていました

私の韓国人の友人の話でも、特に7月~8月は、韓国での国内旅行が非常に活気があったとのことです。

韓国では、コロナ対策がうまく行っていると国が宣言していましたし、ニュースでもそのことをしょっちゅうアピールしていました。

ですから、人々のコロナに対する警戒心が緩んで、密の空間が出来やすくなるのは、ある意味、自然な流れなのかもしれません。

そういった国全体の気の緩みを、もう一回引き締めようと、国の方は必死になっていると感じます。

今は韓国コロナの最大の危機だと言われる理由

現在の韓国でのコロナ感染拡大は、韓国コロナの最大の危機だと言われています。

そう言われるのには、いくつかの理由があります。

新規感染者数が400名を突破


コロナの情報がまとめられているサイトを確認すると、今、このブログの記事を書いている時点では、韓国での新規感染者数が441名となっています。

韓国の人口は、日本の約半分なので、日本であれば約800名のペースです。

韓国のニュースを見ていても、教会、温泉、アパートなどなど、いろいろなところで、集団感染したというニュースが次々と報道されています。

また、韓国は監視システムがしっかりしているので、感染経路を明確にしやすいと言われていましたが、最近は、10人に3人が感染経路不明だと言われています。

■重症者数の割合

感染者数と同時にやはり気になるのは、重症者の数だと思います。

この点に関しては、韓国の聯合ニュースが報道していますが、そこで紹介されている統計データを見ると、最近の重症者数の割合は感染者に対して、10~15%ぐらいで推移しています。

つまり、まだ大半の方は無症状であることが分かります。

また、死亡者数は1日あたり1~3名という状況なので、今後、重症者数や死亡者数が何とか低く抑えられればと願うばかりです。

ソウルで感染が拡大している


韓国で最初にコロナの感染が拡大した時は、大邱市が中心で、ソウルには、ほとんど感染者がいませんでした。

しかし、今回の感染の拡大拠点は、ソウルを中心とした首都圏です

韓国の中心でコロナの感染が拡大しているという点も緊張度が増している大きな理由の一つだと思います。

もちろん、コロナが地方で拡大することは大したことがないという訳では決してありません。

ただ、ソウルは、人口が密集しているので、その分、より感染が拡がりやすいですし、感染者数も増えやすいというのは紛れもない事実だと思います。

陽性率が急激にアップ

私自身、最初、韓国でコロナの感染者数が急速に増えているというニュースを聞いた時は、

「それって、ただ単にPCR検査の数が増えただけなんじゃないの?」

と思っていました。

ただ、よくよく調べてみると、PCR検査の陽性率が、8月16日以降、一気に跳ね上がったことが分かったんですね

こちらの記事(韓国語)にグラフ付き解説されていますが、

8月だけでも、

  • 8月第一週:0.56%
  • 8月第二週:2.39%
  • 8月第三週:4.27%

という感じで、陽性率が急上昇しています。

それまでの陽性率は、2.04%が最大でしたし、2月以降は、ずっと1%未満ぐらいの維持していたことを考えると、現在の陽性率は異常に高いことが分かります。

第2段階か第3段階か

今、韓国で議論されているのは、コロナ対策のレベルを現在の第二段階で続けるか、それとも第三段階に引き上げるかということです。

第二段階と第三段階の違いを簡単にまとめると以下のような感じです。

区分 2段階 3段階
集まりや行事 室内50人・室外100以上禁止 10人以上禁止
民間施設 高危険度の施設の運営中断、それ以外の施設は防疫規則の順守を強制化(4㎡あたりの人員を制限) 高・中危険度の施設の運営中断、それ以外の施設は防疫規則の順守を強制化(例:21時以降の運営を中断、地下施設の中断を検討など)
学校・幼稚園・保育所 登校・遠隔授業 遠隔授業または休業
公共機関 柔軟な在宅勤務などを通して勤務する人員を制限 必須人員以外は全員在宅勤務
民間会社 柔軟な在宅勤務などを通して勤務する人員を制限するよう勧告 必須人員以外は全員在宅勤務を勧告

今は、第二段階に入っているので、我が家の子供達も、夏休みが終わって、さあ、登校が始めるというところで、オンライン授業に切り替わりました

第三段階に入ると、デモなどの集会が、ほんとど、出来なくなります。

また、今までは、ほとんどノーマークだった飲食店の営業などにも影響が出て来るかもしれません。

そういった意味で、経済に与える影響はかなり大きくなってしまうでしょう。

ただ、韓国では、病床の数が足らなくなりつつあり、緊張度が高まっているので、第三段階に移行する可能性は意外に高いのかもしれません。

マスク着用に関する日本と韓国の決定的な違い

日本でも韓国でも、ほとんどの人達がマスクをしているという状況は変わりません。

しかし、韓国ではマスクの着用が義務付けられるところが多いという点で決定的な違いがあります。

ただ、その一方で、韓国では、自粛警察みたいな人達は、基本的にいないので、そういった点では気楽なところがありました。

公共の交通機関や一部のお店などで、マスクをすることは理に適ったことであるので、私自身も、かなり、納得していたんですね。

ところが、ソウルでは8月24日から、屋内だけでなく屋外でもマスクの着用が義務付けられるようになりました

それによって、息苦しさが一気にアップした感じがしています。

そもそも、個人的には、何で外で一人で歩いているのに、マスクをしなくちゃいけないのかと、思ってしまいます。

でも、だからといって、マスクを外すと、罰金を取られる可能性があります

なぜなら、韓国には街中の到るところに、CCTV(監視カメラ)が設置されているからです。

>>韓国のCCTV(防犯カメラ・監視カメラ)はここまですごい!

もし、コロナに感染したら、過去の行動履歴をCCTVでチェックされて、そこでマスクをしていなかったことが判明したら、大変なことになってしまいます。

だから、外でマスクをする理由がまったく理解できなくても、マスクをしなければならないというのが実情なのです(T-T)

賑やかだった夜の街が・・・

私が住んでいるところは、ソウルのヨンシンネというところなのですが、ここが、飲食店が多く、眠らない街と言えるぐらい多くの若者で賑わう場所です。

5月~7月頃は、世界でどんなにコロナのことが騒がれても、韓国のこういった街は、常に多くの人達が集まり、ワイワイとみんなが食事をするのが当たり前となっていました

ただ、今回のコロナ再燃で、どうなっているか、最も活気が出やすい金曜日の夜に行ってみたんですね。

すると、あれっ・・・

人がほとんどいません。

街がガランとしています。

一応、一つ一つのお店を覗くと多少、お客さんは入っています。

ただ、いつもに比べると20%ぐらに減っているような印象です。

ただ、いつもオープンカフェで活気づくお店は、ガランガランでした。

お客さんがほとんど入っていないお店もチラホラ・・・

ここまで、飲食店が人がいなくなったのは、コロナが最初に流行り始めた時以来です。

しばらくは動きづらいかと

こんな感じで、韓国では、国や警戒レベルを一気に引き上げて、日々のニュースはコロナ一色なので、人々の緊張感も急速に高まっている感じがします。

子供達が通っている塾も、私の妻が通っている習い事の教室も9月初旬まで、しばらくお休みすることになりました。

また、我が家の近所でも、ある美容室に行っていた人がコロナに感染していたことが分かり、その美容室に行っていた人は、PCR検査を受けるようにと言われています。

私も、最近、髪がかなり伸びてきたのですが、そういう話を聞くと、髪を切りに行くのも、億劫になってしまいます。

今は、これだけ緊張感が高まっているので、しばらくは家の中でジッとしている方がいいかなあと思ってしまうのが正直な気持ちです。

それにしても、本当に一日でも早く、マスクをしないで、日本と韓国の間を自由に行ったり来たり出来る日が早く来ればいいですよね。

コロナとの戦いは長期戦になりそうですが、気持ち的にも体力的にも負けないようがんばりましょう!

↓いつも応援して頂き、本当にありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

>>ツイッターもやっているのでフォローして頂けるとうれしいです!

合わせて読みたい記事





次の記事: »

前の記事:«

4 Responses to “韓国のコロナの現状!今、韓国では一体何が起こっているのか?”

  1. ゆい より:

    こんにちは。
    子どもの通う学校でも先日コロナ感染者が出ました。
    学舎は消毒作業のため、3日間立入禁止、濃厚接触者には学校からPCR検査の案内がくるとのこと。

    濃厚接触者の定義は
    *マスクなし1m以内の距離で15分以上の会話
    *飲食を共にする

    らしいです。子どもは同じ教室で授業を受けていたので、できれば検査を受けさせたいと思い、相談コールセンターに問い合わせました。

    濃厚接触者、症状あり、医師からの指示ありの以外の人は公的な検査は受けられないそうです。

    自力で病院を探して検査を受ける場合、費用は病院により異なるそうですが、全額個人負担で2〜3万円❗️だそうです。病院を探すのも困難。

    韓国やアメリカみたいなドライブスルー方式の検査を、日本でもやってほしいです。

    • ケン より:

      ゆいさん

      日本の状況を教えて頂き、ありがとうございました。
      日本も、いろいろと大変ですよね・・・
      以前は、韓国でのコロナ対策が非常に優れていると評価されていたのですが、
      最近の混乱ぶりを見ると、正直、今までの韓国での対策は何だったのかと思ってしまいます。
      いずれにせよ、早くコロナ騒動が収まり、平和な日々がやってくれたらいいなと思います。

      • ゆい より:

        この夏、アシアナの仁川ストップオーバーで、家族で人生初の韓国に行こうと考えていました。
        でも、6月ぐらいに夏もダメそうだ、、と諦めました。

        本場のトッポギやアヒルの肉も食べてみたいです。
        ケンさんが教えて下さっている韓国語も、食堂やホテルで言ってみたいです。

        いつかコロナが終息して、また以前のような平穏な日々に戻れたら、絶対に!と韓国に行ける日を夢見ています。

        最近、輸入食材売り場で「カップトッポギ」を見つけました!
        タレをかけて、レンジで簡単!しかも美味しかったです。
        チーズなど、数種類のフレーバーがありましたが、「辛ダンドン ラッポッキ」というラーメンミックスみたいなのが子ども達は好きみたいです。スーパーで韓国食材が買えるようになり、嬉しいです。
        相変わらず、チャメはコリアンタウンに行かないと売っていません(T . T)

        最近のインスタント食品の流行り?
        など、また機会があれば教えてください。いつも記事を楽しみにしております。

        • ケン より:

          ゆいさん

          韓国は美味しい物がいっぱいありますから、
          機会があれば、是非、お越し下さいね^^

          インスタン食品の流行りについては息子に聞かないといけないのですが、
          最近、チャジャン麺のアレンジをいろいろ試したので、
          その内容を記事にアップしていければと思っています^^

          これからも、ブログでいろいろとお付き合い頂けますと幸いです!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ