先週は、韓国で総選挙が行なわれ、日本では与党セヌリ党が過半数割れしたとニュースで取り上げられていました。

ただ、ここではそんな一般的な話ではなくソウル在住者から見た日本と韓国の選挙の違いをご紹介していきます。

実際、日本の選挙運動と比べてみると、結構、びっくりすることも多いですよ^^

日本ではあり得ない(!?)選挙運動

選挙前は、韓国でも激しい選挙戦が行なわれますが、よく見てみると、アレッと思う時があります。

週末、ソウルの街を歩いていると、どこからかK-POPのような歌が聞こえて来ます。

現場に近づいてみると、何と選挙カーの小ステージで、若い女の子が踊っているではありませんか。

IMG_5352

踊りが終わると、女の子たちは、周りから拍手喝采を浴びていましたが、これって政治とあまり関係ないような^^;

そして別の候補者の支援者が街で歩いているのを見かけたのですが・・・

IMG_5364

候補者のお面をかぶっています^^;

あと、ちょっと変わった選挙カーを見かけたりしたのでご参考までに。
(ただの乗用車ですね・・・)

IMG_5365

携帯電話への連絡がすごい

韓国の場合、どういうルートを通じて、携帯電話番号の情報が漏れているのかは分かりませんが、とにかく候補者から電話やショートメッセージで宣伝の連絡がよく来ます

IMG_5381

選挙が終わった後、ある候補者から来たショートメッセージの数を数えたら12通来ていました

はっきり言って超迷惑です^^;

韓国は番号制

ちなみに韓国の候補者は、番号で管理されています。

IMG_5367

国民も住民登録番号で管理されているので、この方法が韓国のスタイルに合っているのかもしれませんね。

韓国ならではの選挙特番

いよいよ選挙日の当日、夜はどの放送局も選挙特番を行ないます。

そこで当選者などの発表がされるのですが・・・

IMG_5369

みんなドヤ顔です。

IMG_5372

あと、これは絶対遊んでいると思います。

こんな感じで、韓国の選挙は、日本と大分違うのですが、テレビを見ながら妻が一言「ああやって政治家は皆、愛想良く
しているけれども、選挙が終わったら、すぐ態度が変わるのよね~」

そこら辺は、日本も韓国も同じようです^^;

合わせて読みたい記事