韓国に来て心配になることの一つに、「韓国の病院って大丈夫かあ」というのがあります。

家族や友だちやの話を聞いていると、とにかくいろいろな話が出て来るからです。

●子供が頭を打ったので、精密検査をしようとしたら、病院をたらい回しにされた。
●地方の病院で初期ガンだと診断された人がソウルの病院へ行ったら末期ガンだと診断された。
●赤ちゃんが腹痛なので、病院へ連れていったら、手術をしなければいけないと言われ他の病院へ連れていったら、ただの下痢だと診断された。

とか、本当にいろいろな話が出てきます^^;

ただ、そういった中で、救いなのは、韓国では漢方医学が発達しているということです。

韓国で生き続けた漢方の伝統

先日、日本から先輩が来られ、お会いしたのですが、その先輩は、一般社団法人ハンバンスタイル協会というところで、韓国式漢方の普及活動をされているとのことでした。

hanban

へ~と思いながら、話を聞いていたのですが、なかなか興味深かったです。

昔は、日本でも漢方は発達していたというか、むしろ、アジアの中で最も高い水準を誇っていたそうなんですね。

しかし、明治時代になってから、国は西洋医学を選び、漢方に対する支援を行なわなくなってしまったため、漢方の医者は激減してしまったとのこと。

しかし、韓国では漢方の伝統は、いまでも脈々と生き続けているのです。

確かにそう言われてみれば、韓国では漢方のチェーン店があるし、保険もちゃんと効くし、訳の分からない鍼灸院もたくさんあるし・・・

非常に納得できるお話だと感じました。

漢方のメリット

漢方の良いところは、対処療法を行なう西洋医学と違い、体全体のバランスを整えながら治療を行っていくという点です。

体が悪くなった治療を行なう西洋医学と違って、予防治療に力を入れているのも漢方の良いところですから、そういった意味でも、これからの高齢化社会に必要な医療なのだと思います。

私の先輩も、韓国の漢方のお医者さんから、処方をしてもらった漢方の薬で、長年苦しんで、薬漬けになっていた鼻炎が治ったんだそうです。

また、こちらの協会の理事の方も、西洋医学では治らなかった首のヘルニアを韓国の漢方(鍼)で治すことが出来てから、熱心に漢方の普及に尽力されているとのこと。

私も、韓国で漢方の力を利用して、出来るだけ病院のお世話にならないようにしながら、しぶとくサバイバルしていこうかなあーと思っております^^

合わせて読みたい記事