北朝鮮と戦争になる!?我が家のドタバタ劇

スポンサードリンク

先週の土曜日に韓国では北朝鮮が戦争を仕掛けるかもしれないと緊張が走りました。

我が家でも家族がテレビの前でずっと釘づけでした。

まあ、多分大丈夫だろうなあと思ってみてはいたのですが、妻が「一応、荷物やパスポートはまとめておいた方がいいかもしれない」と言ってから、我が家の子供達は、いろいろな反応を示し始めたのです。

まず高一の長男は質問攻めです。

長男「韓国と北朝鮮が戦ったらどっちが勝つの?」

「そりゃあアメリカが味方するから韓国が勝つんじゃないの?」

長男「じゃあ、何で北朝鮮は負けると分かっているのに戦争をしようとしているの?」

「そりゃあ、戦争はやってみないと分からないところもあるし、窮鼠猫を噛むという言葉もあるしな」

長男「えっ、それ何て意味?」

という感じの問答が延々と続きます^^;

小六の次男は、いろいろと慌てながら、意外と呑気です。

「ねえ、ママ。逃げる時にはメシル(梅ジュースを持って行かないと。せっかく作ったのにもったいないよね」

おいおい、そっちかよ(-_-;)

さらに

「戦争で逃げる時って何か面白そうだね」

あのー、別に戦争起こったらピクニックに行く訳じゃじゃないんだよー^^;

小三の娘は、一生懸命荷物を整理していました。

そして

「ねぇ、パパー、荷物が多すぎて持っていけないよー」と助けを求めに来たので、娘のリュックを空けてみると・・・

IMG_4420

人形がギッシリ^^;

そしてしばらくすると、子供達の部屋は荷物錯乱状態に

IMG_4422

北朝鮮の兆発のせいで、我が家の子供達はメチャクチャになってしまいました^^;

ソウル市民の感覚

ちなみに私が住んでいる恩平区は、北朝鮮との国境から車で1時間ちょっとぐらいの距離にあります。

そんな恩平区に住んでいるソウル市民の感覚を説明すると・・・

震度3の地震(小競り合い)が来た後、次は震度7の地震が来ると言われたけれも、結果的には来なかった。

でも、またいつ来るか分からないという感じですね。

実際、世界のどこに住んでいても、その国ごとのリスクというものはあるもので・・・

要は、あまり心配しすぎず、毎日を楽しく悔いの残らないように一生懸命生きていくことが大切なのかもしれません。

やっぱり平和に暮らせるって素晴らしいことなんですね~^^


↓↓↓皆様からの応援が韓国生活の励みになっています!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

スポンサードリンク



次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

応援コーナー

皆さんの応援が励みになります!

ブログ購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

このページの先頭へ