キャッシュパスポートの評判・口コミ~韓国でも使える?

キャッシュパスポートとは、クレジットカードのように使える海外専用のプリペイドトラベルマネーカードです。

マスターカードの加盟店では、デビットカードとして利用でるので、とても便利です。

また、クレジットカードに比べて審査の手続きがスピーディーで年齢制限も必要ありません。

ただ、やはり気になるのは、キャッシュパスポートの評判や口コミではないでしょうか?

また、こちらは韓国ブログなので、キャッシュパスポートは韓国でも使えるのかという観点も含めてお伝えしていきます。

キャッシュパスポートのメリット

キャッシュカードと聞いても耳慣れない方もいらっしゃると思うので、メリットを簡単にお伝えしていきます。

現金代わりに使えるから両替の手間が省ける

キャッシュパスポートの使い方は簡単です。

事前に旅行で必要なお金を入金しておいて、あとは、現地でクレジットカードのように使うだけです。

ですからキャッシュパスポートを使えば、現金を使う機会が減ります。

その分、両替をする手間が省けるので時間を節約することが出来ます。

安心・安全に使うことができる

キャッシュパスポートはプリペイド式のカードなので、入金した分しか使えないようになっています。

ですから、クレジットカードのように知らない間についつい使い過ぎてしまうことはありません。

また、キャッシュパスポートを申込むとスペアカードが発行されます。

ですので、盗難や紛失にあった時でも、カードの紛失・盗難に遭った時でも安心です。

海外旅行のリスクを最小限に抑えられるというのがキャッシュパスポートの大きなメリットの一つです。

簡単に発行が出来る

クレジットカードの審査を受けた場合、落ちてしまう場合もあります。

しかしキャッシュパスポートはプリペイド式のカードなので、年齢制限がなく無審査で作ることがことが出来ます

キャッシュパスポートの評判は?

次にキャッシュパスポートの評判や口コミについてご紹介していきます。

キャッシュパスポートは、非常に便利なものです。
私は、アメリカドル建てのを持ってアメリカに遊びに行きましたが、使えなかったところはほとんどありません。
マックでもスタバでもレストランでもタクシーでもどこでも使えました。

キャッシュパスポートは、未成年者や何かの理由でクレジットカードが使えない人向けに便利です。

T/Cはそんなに使い勝手よくないので、キャッシュパスポートか、セゾンカードのネオマネーの方がベターでしょう。

T/Cをお考えならばTravelexが出しているキャッシュパスポートが便利な気がします。

キャッシュパスポートのデメリットは?

手数料が高い!?

キャッシュパスポートは、入金手数料としてまず1%掛かります。

ですから、10,000円入金したら100円の手数料が掛かるようになります。

さらに、円を外貨に替える際の、為替手数料は、MasterCardの当日標準決済レートあるいは政府指定のレートに対して4%掛かります。

あと、現地でATMから引き出した場合は、200円の手数料掛かります。

ちなみにクレジットカードの為替手数料は1.5%~2.0%が相場なのでそれに比べると、キャッシュパスポートの手数料は高いと言えるでしょう。

1年以上使わないと手数料が掛かる

キャッシュパスポートは、1年以上使わないと13ヶ月目から毎月150円の手数料が掛かってしまいます。

1年に1度は海外旅行へ行く人であれば良いのですが、滅多に行かない人にとっては少し不便です。

キャッシュパスポートはお得なのか?

手数料の点からを考えるとキャッシュページはあまりお得ではないのかもしれません。

ただ、キャッシュパスポートは

  • クレジットカードのように簡単に使える
  • 安心・安全に使える
  • 誰でも簡単に作れる

という利便性ではやはり優れているので、

  • いちいち両替するのは面倒くさい
  • あまり多額の現金を持ち歩きたくない
  • クレジットカードを持っていない
  • いざという時に備えて支払いが出来る手段をもっておきたい

という方にキャッシュパスポートはオススメです。

↓↓>>キャッシュパスポートの申込みページはこちらから↓↓
キャッシュパスポート

キャッシュパスポートは韓国で使えるの?

こちらは韓国ブログなので、キャッシュパスポートを韓国で使う場合について解説をしておきます。

キャッシュパスポートの評判や口コミをチェックしていると、韓国ではキャッシパスポートは使えないのではないかと不安に思ったり、使えないと勘違いしたりしている人もいるようです。

しかし、もう少し評判や口コミを精査していると、以下のように韓国でもキャッシュパスポートを使えたという情報がありました。

「韓国ではキャッシュパスポートは使えない」と勘違いしていらっしゃる方も多いです。
がしかし!実際はまったくそんなことありません。
韓国でも普通に利用することができるんですよ。

 

韓国旅行でキャッシュパスポートを使うメリット

韓国はクレレジットカード社会

韓国はクレジットカード社会です。

もちろん、一部のお店ではクレジットカードを使えないところもありますが、そういったところはかなり稀です。

大概のお店では、クレジットカード払いがOKです。

(以前、ある施設の入場料が1,000ウォン(約100円)だったのですが、そこもクレジットカードでの支払いが可能だったのでびっくりしたことがあります)

もちろん、キャッシュパスポートはマスターカードのクレジットカードが使える場所であれば使えるので問題ありません。

盗難や紛失が心配な方にはおすすめ

これは韓国に限った話ではないのですが、日本を出ると、盗難や紛失のリスクはグッと高まります。

韓国でも財布やクレジットカードを落としたら、まず返って来ないと思って下さい。

もし楽しい旅行中に、クレジットカードや現金を紛失してしまったら、大変なことになってしまいます。

ですから、そういった万が一の状況に備えて、キャッシュパスポートも持っておいて、スペアカードは別のところで保管しておけば、いざという時でも安心です。

↓↓>>キャッシュパスポートの申込みページはこちらから↓↓
キャッシュパスポート

このページの先頭へ