韓国語で「きゃー」とか「わぁ」とかリアクションのまとめ


韓国語 きゃー

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

今回は、韓国語でのリアクション特集をしていきたいと思います。

韓流スターを見て、うれしい時の「きゃー」とか、他にも、「わお」、「やっほー」、「まあ」とかいろいろなリアクションを韓国語でお伝えしていきますので、是非、機会があれば、活用してみて下さい。

韓国語で「きゃー」

好きな韓流スターを間近で見た時、思わず出て来てしまうのが「きゃー」ですよね。

いわゆる黄色い声援ってやつです。

韓国語では、

꺄아(キャア)

と書きます。

長くする時は、“꺄아아아아” とか、“꺄~” と書いたりします。

あと、ゴキブリを見た時の「きゃー」も “꺄아” です。

我が家で、“꺄아(キャア)” という叫び声が響いた時は、私の出番です^^;

韓国語で「わぁ」、「わー」


感動をした時、あるいは驚いた時、日本語では「わぁ」とか「わー」と言ったりしますよね。

韓国語でも、そういった時は、「와(ワー)」と言います。

例えば、

와 진짜? (ワー チンチャ?)
わー、本当に?
와 이것 봐.(ワー イゴパァ)
わー、これ見てよ。

みたいな感じで使います。

また、韓国語では、「와(ワー)」だけでなく、

와우(ワウ)

と言う時もあります。

具体的には、

와우 잘 생겼다. (ワウ チャル センギョッタ)
わぁ かっこいい。
와우 예쁘네. (ワウ イエップダ)
わぁ きれいだな。

という感じで使います。

ウで終わることに、ちょっと違和感を覚える人もいらっしゃるかもしれませんが、実は、“와우(ワウ)” は、英語の“Wow”から来ています

日本語では「ワオ」となるところが、韓国では、ちょっと違って聞こえるということですね。

韓国語で「やっほー」


山の頂上に登った時「やっほー」と叫ぶのが、定番ですが、韓国語では、

야호(ヤホ)

と言います。

元々、「やっほー」は、ドイツ語の「ヨッホー」が語源だとか、ヘブライ語の神の名前である「ヤハウェ」が語源だとか、いろいろ諸説があるみたいですね。

ただ、日本語でも韓国語でも、最終的には「やっほー」と、“야호(ヤホ)” というように、同じような発音に落ち着いているところが面白いなって思います^^

韓国語で「まあ」


女性が、驚いた時、「まあ」と言ったりしますが、韓国語では、

어머(オモ)

と表現します。

어머 진짜? (オモ チンチャ?)
まあ 本当に?

어머 어떡해? (オモ オットケ?)
まあ、どうしましょう?

という感じで使ったりしますよね。

この表現は、男性が使うことは、まずありません

もし、使ってしまったら、微妙な空気が流れてしまうので、気を付けましょう(´・ω・`)

韓国語で「うわぁ」、「びっくりした!」


韓国語でびっくりした時は、

깜짝이야 (カムチャギヤ)

という表現をよく使います。

驚いた時の表現はいろいろありますが、この表現は、突然、誰かから、驚かされたり、大きな物音がしたりした時に使う表現です。

깜짝이야. 너무 놀랐자나.(カムチャギヤ。ノム ノルラッチャナ)
うわぁ すごくびっくりしたじゃないの。

という感じで使ったりします。

韓国語で「すごい」、「やばい」


これも驚いた時の表現ですが、何かを見て、感嘆するような時に、

대박(テバク)

と言ったりします。

私の妻も大好きな演歌歌手の歌を聴いた時、

대박 진짜 잘해.(テバク チンチャ チャレ)
すごい、本当に上手い。

と言ったりしますし、美味しい料理を食べた時も、

이것 대박이야. (イゴ テバギヤ)
これ、やばい。

と言って、絶賛したりします。

>>テバク(대박)という韓国語の意味と使い方を分かりやすく解説!

また、本当にすごいニュースを聞いた時は、

대박사건(テバクサッコン)

と言ったりします。

사건(サッコン)とは事件という意味なので、ニュアンスとして、「これだ一大事だ」というニュアンスになりますね。

韓国語で「なんてことだ」「信じられない」


何か信じられないような話を聞いた時

세상에(セサンエ)

という表現を使ったりします。

英語であれば、“Oh my God!” と訳すことが出来ます。

“세상(セサン)”には、世の中という意味があるのですが、驚いた時に使う、“세상에(セサンエ)” は、まったく違った意味になるので、ご注意下さい。

また、“세상에(セサンエ)”若い人より、年配の方が使う時の方が圧倒的に多いです。

私の頭の中でも、田舎のおばちゃんが、

세상에 세상에~ (セサンエ セサンエ~)

とよく言っているイメージがあります^^

韓国語で「はぁ?」「えっ」


誰かと話をしていて、呆れた時とか、ちょっと困った時は、

헐(ホル)

という表現をよく使います。

오늘은 슈퍼마켓 쉰데.(オヌル シュパシンデ)
今日は、スーパー、休みだって。

헐(ホル)
えっ・・・

という感じで使ったりします。

>>韓国語ホル(헐)の意味~辞書にないけどバンバン使ってます!

まとめ

韓国語でのリアクションの表現は、日本と似ている表現もたくさんありますが、日本にはないような表現もいろいろあります。

リアクションの表現は、短いので、比較的に覚えやすいと思います。

いろいろな表現を押さえておいて、韓国の人に対して、使ってみると、「えっ、なんでそんな表現知っているの?」と言われるかもしれないので、是非、試してみて下さいね^^

合わせて読みたい記事





次の記事: »

前の記事:«

2 Responses to “韓国語で「きゃー」とか「わぁ」とかリアクションのまとめ”

  1. たく より:

    日本語の「マジ」がホルだというのは知っていました。
    テバクも最初のころ知り合いから教わりました。
    この辺は本当に親しい人の間で使う言葉ですよね。
    スナックで韓国語を独学された男性支店長が
    「オモ」を連発し、韓国人女性が注意してあげたそうです^^

    • ケン より:

      たくさん

      そうですね!ホルやテバクは、是非、家族や友達同士で使ってみて下さい^^
      男性支店長さんの話は、想像して、思わずニヤニヤしてしまいました(笑)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ