幸せをありがとう 韓国語

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

今回は、「幸せをありがという」という表現の韓国語での言い方についてお伝えしていきます。

自分の好きな韓流アイドルや恋人に対して、感謝の気持ちをを伝えたい時に使える表現です。

また、そこで使う表現のニュアンスの違いも含めて、解説しているので、是非、ご参考にして下さい!

「幸せをありがとう」を韓国語で

「幸せをありがとう」は、韓国語で、“행복을 줘서 고마워요”と書くことが出来ます。

直訳をしたら、「幸せをくれてありがとう」ですね。

“행복(ヘンボク)” は、「幸福」を漢字で書いた表現です。

そして、“줘서(チョソ)” は、「くれる」という意味の“주다”に 、「~して」という意味の“서”が付いた表現です。

韓国語では「与える」も「くれる」も“주다(チュダ)”


“주다(チュダ)”には「与える」という意味でも使えます。

例えば、私が娘にお小遣いを上げた時、

ハングル 딸에 용돈을 줬어요.
カタカナ タレ ヨントヌル チョッソヨ。
日本語訳 娘にお小遣いを上げた。

と与えた側が表現する時でも、

ハングル 아빠가 용돈을 줬어요.
カタカナ アッパガ ヨントヌル チョッソヨ
日本語訳 パパがお小遣いをくれた。

ともらった側が表現する時でも、どちらでも“주다(チュダ)”使うことが出来ます。

コマウォヨとカムサヘの違い


そして、最後の“고마워요(コマウォヨ)”が「ありがとう」です。

「ありがとう」という表現には、“고마워요(コマウォヨ)” 以外にも、“감사해요(カムサヘヨ)”とか“감사합니다(カムサハムニダ)” という表現がありますよね。

ただ、「幸せをくれてありがとう」の時は、 “고마워요(コマウォヨ)”の方を使う方が良いでしょう。

“감사해요(カムサヘヨ)”を使うと、少し気持ちが遠く感じるからです。

その一方で、もし、神様や目上の人に対して「幸せを下さってありがとうございます」という時は、

  • 행복을 주셔서 고맙습니다. (ヘンボクル ジュショソ コマップスムニダ)
  • 행복을 주셔서 감사합니다. (ヘンボクル ジュショソ カムサハムニダ)

という感じで、コマップスムニダでもカムサハムニダでも両方使えます。

“행복하게 해줘서 고마워” でもOK


「幸せをありがとう」を韓国語で表現する場合、

ハングル 행복하게 해줘서 고마워.
カタカナ ヘンボッカゲ ヘジョソ コマウォ。
日本語訳 幸せをありがとう

と言っても大丈夫です。

これは直訳したら、「幸せにしてくれてありがとう」という意味になります。

例えば、恋人に対して、

ハングル 나를 행복하게 해줘서 고마워.
カタカナ ナルル ヘンボッカゲ ヘジョソ コマウォ。
日本語訳 私は幸せにしてくれてありがとう。

と言ったりすることも出来ますね。

「幸せをありがとう」の応用編


次に、「幸せをくれてありがとう」の応用編をお伝えしていきます。

いつも幸せをありがとう

「いつも」という表現を追加したい場合、

ハングル 항상 행복을 줘서 고마워요.
カタカナ ハンサン ヘンボクル チョソ コマウォヨ。
日本語訳 いつも幸せをありがとう

とか、

ハングル 언제나 행복하게 해줘서 고마워요.
カタカナ オンジェナ ヘンボッカゲ ヘジョソ コマウォ
日本語訳 いつも幸せをありがとう

と言ったすることが出来ます。

ちなみに「いつも」の韓国語訳には、언제나(オンジェナ)、항상(ハンサン)、늘(ヌル)という表現がありますが、

  • 언제나(オンジェナ):継続的に、ずっとというニュアンス
  • 항상(ハンサン):しばしば、繰り返しというニュアンス
  • 늘(ヌル):オンジェナやハンサンとも同じ意味で使えるが少し控えめの表現

という感じで使い分けていきます。

いつもたくさんの幸せをありがとう

さらに「たくさん」を付ける場合は、

ハングル 항상 많은 행복을 줘서 고마워요.
カタカナ ハンサン マニ ヘンボクル チョソ コマウォヨ。
日本語訳 いつもたくさんの幸せをありがとう

と言ったりすることが出来ます。

幸せな時間をありがとう

誰かと過ごした時間がとても楽しかった時、「幸せな時間をありがとう」と言いたくなったりしますが、そういった時は、

ハングル 행복한 시간 고마워.
カタカナ ヘンボッカン シガン コマウォ。
日本語訳 幸せな時間をありがとう

と言ったら良いでしょう。

いつも幸せでありますように

逆に、相手の幸せを願い、「いつも幸せでありますように」と韓国語で言う場合は、

ハングル 항상 행복하길 바래요.
カタカナ ハンサン カシギル パレヨ。
日本語訳 いつも幸せでありますように。

ということが出来ます。

“항상(ハンサン)”は、「いつも」という意味ですね。

そして、“행복하길(ヘンボッカギル)”は、“행복하기를(ヘンボッカギルル)”を省略した表現ですが、“행복하기(ヘンボッカギ)”は「幸福であること」という意味です。

바래요(パレヨ)の原形は、“바라다(パラダ)”で「願う」という意味になります。

まとめ

今回は、「幸せをありがとう」の韓国語での表現や、関連した表現をいろいろまとめてみました。

好きな韓流スターに対して、使っても良いですし、韓国人の恋人がいる方は、相手に対して使っても良いでしょう。

ただ、実は、こういった表現は、それほど、たくさん使う訳ではありません

でも、不自然にならない表現にしていますし、「ここぞ!」という時には使えるので、大切な人に、特別な感謝の気持ちを伝えたい時は、是非、使ってみて下さいね^^

合わせて読みたい記事