いつも 韓国語

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国語では、「いつも」という意味を持つ表現がいくつかあります。

代表的なものとして、「オンジェナ」、「ハンサン」、「ヌル」がありますし、他にもいくつかの表現があります。

ここでは、これらの表現の違いについて解説をしていきます。

「いつも」と訳せる韓国語3つの違い

「いつも」と訳せる韓国語と言えば、基本的に以下の3つとなります。

  • オンジェナ(언제나)
  • ハンサン(항상)
  • ヌル(늘)

これらの意味の違いについて、韓国人に聞いたら「基本的には、どれも同じ意味だよ」と答えるでしょう

もちろん、これらの表現は自由に言い変えられることが多いです。

ただ、日本人から見ると、厳密な違いがいろいろ気になるところなので、まとめてみました^^

オンジェナ(언제나)

オンジェナは韓国語で“언제나”と書きます。

ハングル カタカナ 意味
언제나 オンジェナ いつも、いつでも、いつ頃

“언제나(オンジェナ)”は、「いつも」という意味も含めて、3つの使い方があります。

  1. いつも、常に、しょっちゅう
  2. いつでも、どんな時も
  3. いつ頃、いつになったら

例文を挙げてみましょう。

ハングル 언제나 맛있는 음식을 만들어줘서 고마워요.
カタカナ オンジェナ マシンヌン ウムシグル マンドゥロジョソ コマウォヨ
日本語訳 いつも美味しい食事を作ってくれて、ありがとう。

これは、1の意味で使う場合でが、こういったケースでは、“항상ハンサン”や“늘(ヌル)”やに言い換えることも可能ですね。

また、“언제나(オンジェナ)”は、分解すると、“언제(オンジェ)”と“나(ナ)”に分けることが出来ます。

“언제(オンジェ)”は、「いつ」で、“나(ナ)”は、強調する接尾辞です。

そういった構成から、「いつでも」という2番目の意味が出て来ます。

ですから、例えば、

ハングル 나는 언제나 네 펀이야.
カタカナ ナヌン オンジェナ ネ ピョニヤ。
日本語訳 僕はいつも君の味方だよ。

というように、「いつでも」とか「どんな時も」というニュアンスで使いたい時は、「オンジェナ」を使うと良いでしょう

また、3番目の意味は、“언제나(オンジェナ)”独自の使い方となります。

ハングル 나는 언제나 저렇게 큰 집에서 살아 볼까?
カタカナ ナヌン オンジェナ チョロッケ クン チベソ サラボルカ?
日本語訳 私は、いつになったら、あんな大きな家に住むのか。

しかし、実際のところ、この意味で使うことはほとんどないので、あくまでもご参考程度に覚えておいて下さいm(__)m

ハンサン(항상)

ハンサンは韓国語で“항상”と書きます。

ハングル カタカナ 意味
항상 ハンサン いつも、常時、常々

“항상(ハンサン)”は、「恒常」という漢字をハングル読みした表現です。

そこから「いつも」「常時」「常々」という意味になります。

漢字の意味からも分かるように、“항상(ハンサン)”は、ある状態が、ずっと続いているというニュアンスです。

また、“항상(ハンサン)” は、「いつも」を強調する時によく使います

ハングル 너는 항상 그래.
カタカナ ノヌン ハンサン クレ
日本語訳 お前はいつもそうだ。

という感じで、相手が、いつも気に入らないことをしていることを怒って指摘する際、“항상(ハンサン)”を強調しながら使うことは多いです。

私も感情が高まった時はついつい“항상(ハンサン)”といいながら・・・(反省)

また、「ハンサン」は、「いつも」という意味で使う表現の中では、最も使用頻度が高い言葉でもあります。

ヌル(늘)

ヌルは韓国語で“늘”と書きます。

ハングル カタカナ 意味
ヌル いつも、常に、しょっちゅう

意味としては、“ハンサン(항상)”と同じですが、ハンサンに比べると、少し控えめで柔らかいニュアンスがあります

ハングル 저는 미래에 대해서 늘 희망을 가지고 있어요.
カタカナ チョヌン ミレエ テヘソ ヌル ヒマンウル カジゴ イッソヨ。
日本語訳 私は、未来に対していつも希望を持っています。

「いつも」とも訳せる韓国語3つ

「いつも」と訳せる韓国語には、上記の3つ以外にもいろいろあります。

ボンボニ(번번이)

“번번이(ボンボニ)” も「いつも」という意味で使いますが、他にも「毎度」、「その都度」という意味があります。

ハングル 번번이 신세를 져서 미안해요.
カタカナ ボンボニ シンセルル チョソ ミアネヨ。
日本語訳 いつもお世話になって、すみません。

ニュアンスとしては、機会があるごとにという感じですね。

メンナル(맨날)

“맨날(メンナル)”にも、「いつも」という意味があります。

ただ、メンナル맨날は、漢字で書くと、「毎日」で書くので、そちらのニュアンスで使うことが多いです。

ハングル 나는 맨날 똑같은 시간에 일어나요.
カタカナ ナヌン メンナル トッカットゥン シガネ イロナヨ。
日本語訳 私は、毎日、同じ時間に起きます。

私も、毎日、必ず同じ時間に起きるので、目覚まし時計代わりに使われております^^;

このように、毎日、やることを強調したい場合は、“맨날(メンナル)”を使うと良いでしょう。

メボン(매번)

“メボン(매번)”は、「いつも」として訳すことも出来れば、漢字で書くと「毎度」となるので、「毎度」「毎回」と訳すことも出来ます。

ハングル 매번 도와 줘서 고마워요.
カタカナ メボン トワジョソ コマウォヨ。
日本語訳 毎回、助けてくれてありがとう。

ヨンウォニ(영원히)

“영원히(ヨンウォニ)”は、「いつも」と訳すことも出来ますが、元々は、「永遠に」という意味なので、「いつも」と訳せる韓国語の中でも、一番、期間が長い表現ですよね。

ハングル 영원히 당신을 사랑합니다.
カタカナ ヨンウォニ タンシヌル サランハムニダ。
日本語訳 永遠にあなたを愛します。

永遠の愛を誓える方は、使って下さい^^

まとめ

「いつも」という意味の韓国語は、大きなものだと3つぐらいですが、「いつも」と訳せる韓国語だと、さらにあります。

  1. オンジェナ(언제나)
  2. ハンサン(항상)
  3. ヌル(늘)
  4. ボンボニ(번번이)
  5. メンナル(맨날)
  6. メボン(매번)
  7. ヨンウォニ(영원히)

基本的には、“オンジェナ(언제나)”、“ハンサン(항상)”、そして“ヌル(늘)”を使いますし、この3つは同じような意味で使うことが多いです。

後は、こちらの記事でご紹介した、微妙な意味の違いを押さえながら、いろいろ使ってみて下さいね。

合わせて読みたい記事