韓国語で「やっぱり」は何と言う?「さすが」と同じ意味で使う時も!


こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

会話の中で、「やっぱり」、「やっぱりね。」、「やっぱり好き」という時がありますよね。

そんな時は、韓国語で何て言えばいいのでしょうか?

また、韓国語では、「やっぱり」という言葉を「さすが」と表現する時も多いので、例文も含めて解説していきます。

韓国語で「やっぱり」は「역시(ヨクシ)」

韓国語で「やっぱり」は「역시(ヨクシ)」と言います。

では、具体的にどういったシーンで、「ヨクシ」を使うか例文も交えてお伝えしていきますね。

「やっぱり好きだ」

改めて見たり、食べたりしたものが、「やっぱり好きだ~」と表現したい時は、역시 좋아해 (ヨクシ チョアヘ)という表現を使います。

좋아해(チョアヘ)の原型は、좋아하다(チョアハダ)で好むという動詞です。

例えば、我が家の長男がアメリカ留学から帰国して、久しぶりに大好きなヨッキトッポッキを食べた時、

역시 엽기떡볶이를 좋아해. (ナン ヨクシ ヨッキトッポッキルル チョアヘ)
(僕はやっぱりヨッキトッポッキが好きだあ)

と言っていました^^

「やっぱりかっこいい」

話で聞いていたり、テレビで見ていりしていただけの人を実際に見たりして、「やっぱりかっこいい」と言いたい時も、역시(ヨクシ)を使います。

そんな時は、

역시 멋있어 (ヨクシ モシッソ)
やっぱりかっこいい(素敵)

역시 잘 생겼어 (ヨクシ チャルセンギョッソ)
やっぱりかっこいい(イケメン)

と言いながら、キャーキャー騒いでみましょう^^

ちなみに

  • 멋있어 (モシッタ)の原型は멋어다(モシッタ)は 、ステキというニュアンスが強いという意味での「かっこいい」
  • 잘 생겼어(チャル センギョッソ)の原型は잘 생겼다(チャルセンギョッタ)で、 イケメンというニュアンスが強いという意味での「かっこいい」

となります。

さすが〇〇

実は、역시(ヨクシ)は、「さすが」という意味で使う時もあるのです。

日本語だと、「やっぱり〇〇はすごいよね~」と、後ろにいろいろ付けて、「さすが」という意味になって来ますが、韓国語では、

역시 〇〇(ヨクシ 〇〇)

で大丈夫です。

例えば、私の娘が、韓国語のイラストを上手に書いてくれたとします。

そうしたら、

역시 우리 딸 (ヨクシ ウリ タル)
さすが私の娘

と言いながら褒めるという感じです^^

「やっぱりやめた」という表現はない

逆に韓国では、「やっぱりやめた」という表現は使いません。

例えば、ダイエットをしようと決心したけれども、甘い物の誘惑に負けてしまった時、

「やめた」は、韓国語で「그만했다(クマン ヘッタ)」というので、

「역시 그만했다 (ヨクシ クマンヘッタ)」

と言いたいところですが、このようには言いません。

そういった時は、

역시 안되겠다 (ヨクシ アンデゲッタ)」
やっぱりダメだ。

という表現を使ったりします。

まとめ

韓国語で「やっぱり」は역시(ヨクシ)という言葉を使いますが、日本語とは使い方が異なる時があります。

  • 改めて実感する時の「やっぱり」
  • さすがという意味での「やっぱり」

では使いますが、「やっぱりやめた」という表現は使いません。

実際、「やっぱり」と「역시(ヨクシ)」は似ているようで、いろいろと違う部分もあります。

韓国語は「やっぱり」難しいなあと思わずに、今回、ご紹介した例文を参考にしながら、感覚をつかんで頂けけるとうれいしいです^^





次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ