韓国語 クニャン

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

韓国で生活をしていると、とても便利でついつい使ってしまう単語があります。

それがクニャン(그냥)です。

ただ、この言葉、あまり使い過ぎると反発を招いてしまう時もあるので、その理由も含めてお伝えしていきます。

クニャン(그냥)の意味

韓国語のクニャン(그냥)の意味は、“ただ”です。

値段が無料という意味での“ただ”というニュアンスで使う時もありますが、一般的には「ただ、なんとなく」の方の、“ただ”です。

クニャン(그냥)の使い方

このクニャン(그냥)という表現は、実際の使い方をチェックしてみると意味が分かって来ると思います。

ただ、電話してみただけ

그냥 전화 했어 (クニャン チョナヘッソ)

はっきりとした理由がないんだけれども、友達や家族に電話をした時は、この表現をよく使います。

ただ、何となくいいんだよね~

그냥 좋아~ (クニャン チョア~)

これといった理由はないんだけれども、ただ何となくいいなあと思う時に使います。

ただ、見ているだけ

그냥 보고 있어 (クニャン ポゴイッソ)

訳もなく、なんとなーく見ていると時に使います。

まあまあ

그냥 그냥 (クニャン クニャン)
그냥 그래 (クニャンクレ)

何かの感想を聞かれた時に、特に良いワケでも悪いワケでもない時ってありますよね。

そんな時は、「クニャン クニャン」とか「クニャンクレ」と言ったりします。

例えば、夫婦の会話で、

자기야~ 요즘 일 어때? (チャギヤー ヨジュム イル オッテ?)
あなた~ 最近、仕事どう?

그냥 그냥 (クニャン クニャン)
まあまあ

という感じでやり取りをしたりします。

そんなに面白くはないけれども、何とかやっているという感じのニュアンスですね^^

そのまま食べて下さい

그냥 드세요 (クニャン トゥセヨ~)

レストランで、食事を出されて、どうやって食べるのかなあ?何か味付けをするのかなあと考えてしまう時がありますよね。

そんな時、「クニャン トゥセヨ~」とお店の人から言われた人、いるんじゃないかと思います。

ただの風邪だよ

그냥 감기에요 (クニャン カムギエヨ)

職場でせき込んでいたら同僚から、「もしかしてインフルエンザ?」と疑惑の目を向けられたとします。

そういう時、「クニャン カムギエヨ」と言って心配させないように使ったりします。

ただの友達だよ

그냥 친구예요(クニャン チングエヨ)

最近、我が家の息子が、夜遅くまで女の子と電話で話をしているのですが・・・

私が「もしかして彼女か?」と聞いったら返ってくる言葉が、「クニャン チングエヨ」です。

真相は定かではありませんが(-_-;)

ただ聞いてみただけ

그냥 물어봤어 (クニャン ムロバッソ)

友達にいろいろ質問をした時、「何で、そんなこと聞くの?」と質問されたとします。

特に理由がない時や、質問をした意図を知られたくない時は、「クニャン ムロバッソ」と答えたりします。

クニャン(그냥)は使い過ぎに注意?

クニャン(그냥)は、結構、いろいろなところで使えますが、連発すると、反発を招くこともあるので注意が必要です。

実は、私の娘が、クニャン(그냥)という言葉をよく使うのですが・・・

私「最近、学校どう?」

娘「クニャン(그냥)・・・」

私「学校の給食はおいしいの?」

娘「クニャン(그냥)・・・」

私「宿題いっぱいあるの?」

娘「クニャン(그냥)・・・」

私「最近、忙しい?」

娘「クニャン(그냥)・・・」

「何しているの?」

娘「クニャン(그냥)・・・」

段々、腹が立ってきます^^;

つまり、クニャン(그냥)は曖昧な返事をしたい時には便利なのですが・・・

相手からすれば、具体的な返事が返ってこないので、そればっかり使っていると、相手が気分を害する時があるので注意が必要です。

まとめ

クニャン(그냥)という言葉は、私自身、韓国に来てからよく使うようになりました。

ですから、韓国人との会話で使うと、「えっ、そんな言葉も知っているの?」という感じになるかもしれません。

ただ、曖昧な表現ではあるので、具体的な理由や回答を求められている時は、使わないように気を付けましょう!

合わせて読みたい記事