また 韓国語

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

「また」を韓国語でいう時、“또(ト)”と“다시(タシ)”があります。

この二つの表現は、同じような状況で使える時もあれば、どちらか一方しか使えない時もあります。

では、具体的にどのように使い分けていけば良いのか、分かりやすく解説をしていきます。

「また」を意味する2つの韓国語の違い

「また」を意味する韓国語は、“또(ト)”“다시(タシ)”があります。

ハングル カタカナ 意味
また、かつ
ハングル カタカナ 意味
다시 タシ また、再び、もう一度

反復するという意味では、共通しているので、どちらを使っても大丈夫な時も多いです。

その一方で、“또(ト)”と“다시(タシ)”には、以下のような違いがあります。

  • 또(ト):新しいものを追加する時や、同じことを何度も繰り返す時に使う。英語だとalso
  • 다시(タシ):同じことをもう一度繰り返す時に使う。英語だとagain

上記の基本的な点を押さえた上で、具体的な例文を挙げながら解説をしていきましょう。

또(ト)も다시(タシ)も両方使える例文


まず、“또(ト)”も“다시(タシ)”のどちらもでも使える例文をご紹介していきます。

ハングル 내일 또 봐.
カタカナ ネイル ト パ。
日本語訳 明日、また会おうね。
ハングル 신기하게 또 같은 일이 생겼어요.
カタカナ シンギハゲ ト カットゥン イリ センギョッソヨ。
日本語訳 不思議なことに、また、同じことが起こりました。
ハングル 기회가 생기면 또 한국에 가고 싶어요.
カタカナ キフェガ センギミョン ト ハングエ カゴ シッポヨ。
日本語訳 機会があれば、また韓国に行きたいです。

どちらも、一般的な反復表現なので、“또(ト)”の代わりに“다시(タシ)”を使っても、まったく問題はありません。

ただ、使い方によっては、どちらでも使えるけれども、どちらを使うかによって、意味合いが少し違ってくる時もあります

例えば、以下のような表現です。

ハングル 내일 또 올게요.
カタカナ ネイル ト オルケヨ。
日本語訳 明日、また来ます。
ハングル 내일 다시 올게요.
カタカナ ネイル タシ オルケヨ。
日本語訳 明日、また来ます。

例えば、友達の家に行って、友達と楽しい時間を過ごした後、明日もさらに会って楽しみたい時は、“또(ト)”を使う方が良いです

しかし、その一方で、たまたま友達が不在だったので、友達の家に行くという同じ行為をもう一度繰り返す時には、“다시(タシ)”を使う方が良いです。

ケン

こんな感じで、状況によっては、微妙に意味合いが違ってくることもあるので、覚えておいてください。

또(ト)しか使えないケース(もっと)


次に、“또(ト)”は使えるけれども、“다시(タシ)”は、使えないケースのご紹介です。

ハングル 밥을 또 먹고 싶어요.
カタカナ パブル ト モッコ シッポヨ。
日本語訳 ご飯をもっと食べたいです。
ハングル 또 필요한것이 있으면 말해줘요.
カタカナ ト ピリョハンゴシ イッスミョン マレジョヨ。
日本語訳 もっと必要なものがあれば、言ってください。
ハングル 둘째가 태어나서 얼마 되지 않는데 또 애가 생겼어요.
カタカナ トゥチェガ テオナソ オルマ テジ アヌンデ ト エガ センギョッソ。
日本語訳 二人目が生まれてから、あまり経っていないのに、また、子供ができました。

こんな感じで、まったく同じものではなく、さらに追加でという意味で使う時は、“또(ト)”だけが使えます

また、この時は、「また」というよりは、「もっと」と訳す方が自然な時が多いですね。

あと、“또(ト)”は、同じことを反復するけれども、一回だけでなく、何度も繰り返す時にも使います

ハングル 자고 또 자고… 그랬더니 완전히 살이 쪄버렸어요.
カタカナ チャゴ ト チャゴ・・・ ワンジョニ サリ チョボリョッソヨ。
日本語訳 寝て、また寝て・・・ そうしたら、本当に太ってしまいました。

다시(タシ)しか使えないケース(もう一度)


その一方で、“다시(タシ)”は使えるけれども、“또(ト)”は使えないケースとしては、以下のようなものがあります。

ハングル 우리 다시 시작하자.
カタカナ ウリ タシ シジャッカジャ
日本語訳 私たち、やり直しましょう。
ハングル 다시 태어나면 뭘 하고 싶어요?
カタカナ タシ テオナミョン モル ハゴ シッポヨ?
日本語訳 もう一度生まれたら(生まれ変わったら)、何をしたいですか?
ハングル 뭐라고? 다시 한번 말해봐.
カタカナ ムラゴ? タシ ハンボン マレヴァ.
日本語訳 何だって?もう一回言ってみろ。

こういった感じで、まったく同じことをもう一度行うという意味で使う場合は、“다시(タシ)”を使います

また、この時は、「もう一度」と訳す方が自然な時が多いですね。

同じことを何度も繰り返す時は、“또(ト)”ですが、基本的に一回だけ繰り返す時には、“다시(タシ)”を使います。

まとめ

韓国語で「また」と表現する場合、基本的には、“또(ト)”か“다시(タシ)”を使います。

どちらを使っても大丈夫な時も多いですが、新しいものを追加するときや、同じことを何度も繰り返す時は、“또(ト)”を使い、同じことをもう一度繰り返す場合は、“다시(タシ)”を使います。

ということで、今回に限らず、“또(ト)”私のブログを訪問してくださるとうれしいです^^

↓いつも応援していただき、ありがとうございます!
皆さんからの応援が韓国生活の励みになっています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

合わせて読みたい記事