韓国 生卵

こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

先回、日本へ3週間弱滞在をした時、実は、毎朝、生卵を食べていました。

その理由は、単純に、韓国で卵かけご飯を食べる気持ちには到底なれないので、日本にいる時は、食べられるだけ食べておこうと思ったからです。

実際、日本と韓国の卵はかなり違う印象を受けます。

韓国では生卵は食べないのが基本

日本では皆さん、当たり前のように生卵を食べていますが、海外に出ると、そのような国はあまりないのではないかと思います。

韓国でも生卵は食べないのが基本です。

(※ちなみに韓国語では生卵は、날계란(ナルケラン)と言います)

その理由は、韓国の卵は、新鮮さを感じないですし、少し変な臭いがする時もあるからです。

韓国人の妻に聞いてみると、一応、生で食べることが出来る卵も販売されているそうですが、値段が高いそうです。

ただ、それ以前に、韓国には生卵を食べる文化が定着していないので・・・

韓国の卵は日本とこんなに違う

そもそも韓国の卵は、日本の卵と根本的に何かが違うと感じることが多いです。

その感じるのは、次のような理由があるからです。

販売方法が違う

日本だと卵は10個単位で売っているケースが多いですよね。

韓国でもそういう売り方は一応しているのですが、基本は25個入り、また30個入りです

値段ですけど、安い時は4,000ウォン(約400円)ぐらいで買えて、5,000ウォンだと普通、6,000ウォンだと、ちょっと高いから買うのは止めようという感じです。

しかも、韓国の卵は、冷蔵庫には入れず常温で販売している時の方が圧倒的に多いです。

要冷蔵ではないところが、ちょっと怖い気もしています^^;

韓国の卵は色が違う

また、韓国の卵は、殻が真っ白のものがありません。

殻の色は茶色が基本です。

さらに、割ってみると、黄身の色も違います。


日本は黄色というよりはオレンジがかったものが多いですが、韓国の卵は文字通り黄色です。

日本の鶏と韓国の鶏は種類が異なるのでしょうか・・・

それとも製造のプロセスが根本的に違うんでしょうかねえ~

韓国のマヨネーズがまずい理由は卵?

卵を使う調味料として有名なのは、マヨネーズですが、韓国のマヨネーズは、日本のマヨネーズに比べると、味はかなり落ちます

味に敏感な人の中には、韓国のマヨネーズはまずいと断言する方もいらっしゃいます。

ですから、私が日本へ行く時は、妻から必ず日本のキューピーマヨネーズをお土産に買ってくるようにお願いされます。

日本のマヨネーズを買って来たら、妻はよくポテトサラダを作ってくれたりするのですが、やっぱり美味しいです^^

もしかしたら、これは卵の違いなのかもしれませんね。

>>韓国のマヨネーズはやっぱりまずいのか?日本との違いは?

日本の生卵が恋しくなる日々

それでも、韓国で生活をしていたら、卵は必需品ですし、栄養もあるので、たくさん食べています。

ただ、卵かけご飯を食べられないのは、やはりちょっと寂しいです。

日本にいる時は、生卵を死ぬほど食べたのに、韓国に来たら、また生卵が恋しくなっている今日この頃です^^;

>>韓国の卵から殺虫剤が検出されて不思議に思うこと

合わせて読みたい記事