こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

日本人の食卓に欠かせない調味料として、マヨネーズがありますよね。

韓国でもオットギという大手食品メーカーなどがマヨネーズを販売しています。

ところで、韓国のマヨネーズはまずいとよく言われています。

ただ、実際、本当のところはどうなのか、気になるところをまとめてみました。

韓国のマヨネーズはオットギが定番

韓国 マヨネーズ

韓国のマヨネーズを扱っているメーカーで一番有名なのは、やはりオットギ(오뚜기)です。

オットギは、インスタントラーメンだとジンラーメンを扱っていますし、調味料関係でも、あらゆる種類のものを出していて、オットギなら安心かなと感じるメーカーです。

我が家の近所のスーパーでは、定番のゴールドマヨネーズだと800gのものが、5,750ウォン(約570円)で販売されています。

また、脂分控えめのフレッシュマヨネーズは、4,700ウォン(約470円)という感じです。

韓国でも日本のマヨネーズは買える

その一方、私が韓国に移住したばかりの頃は、日本のマヨネーズを売っているお店を近所でなかなか見かけませんでした。

なので、日本に行った時のお土産には、必ずといって良いほど、日本のマヨネーズを買ってくるよう妻からリクエストされていたんですね。

ただ、マヨネーズは、旅行の荷物としては、やたら重たいので、私にとっては苦痛でしたが(笑)

しかし、いろいろお店を回ってみると、韓国でも、ちゃんと探せば日本のマヨネーズを売っているお店が分かるようになって来ました

特に、大型のスーパーへ行くと、売っている確率は高いです。

ただ、お値段の方は、韓国のマヨネーズの2倍ぐらいします

韓国のマヨネーズは本当にまずいのか?

ところ、韓国のマヨネーズは、まずいとよく言われますよね。

ただ、私自身、味覚にはあまり敏感ではない方なので・・・

実際に韓国と日本のマヨネーズをそれぞれ並べてみて、検証をしてみました。

まず、パッケージの違いですが、パッケージの外から見ても、まず色が違うことが分かります。

パッケージから出した写真を比べてみます。

写真の右側が日本のマヨネーズですが、やはり明らかに色が違いますよね。

そして両方の味を比べてみると・・・

言葉にするのは難しいのですが、日本のキューピーマヨネーズを口にすると、舌にキュンと来るような味がするんですよね。

それに対して、韓国のマヨネーズはそういった感覚がありません。

ここら辺は、酸味の違いなんですかねえ。

悪く言ってしまえば、韓国のマヨネーズは、コクがないというか味気ないという感じなのだと思います。

韓国のマヨネーズがまずいと実感した日

ただ、先日、韓国のマヨネーズは、まずいと実感する日がありまして。

私の妻は、時々、私のためにポテトサラダやお好み焼きなど日本の料理を作ってくれるのですが、その時、必ずといっていいほど日本のマヨネーズを使います

ところが、先日、ポテトサラダを作った後、間違って、韓国のマヨネーズを使ってしまったんですね

実は、韓国のマヨネーズを使ったポテトサラダを食べたことがなかったので、一体、どんな味がするんだろうと思って、食べてみたところ・・・

あっ、まずい^^;

マヨネーズがついてはいるのですが、味がしません。

すり潰した卵とじゃがいもに何もつけないで、そのまま食べている感覚というか。

また、それと同時に、私が美味しい料理を食べられるよう、妻が、いつもがんばってくれていることを改めて実感したのでありましたm(__)m

まとめ

韓国のマヨネーズは、オットギが出しているものが有名ですが、日本のキューピーマヨネーズに比べると、どうしても味が落ちてしまうところがあります。

特に、ポテトサラダで使ってみると、その違いはハッキリ分かります。

ただ、韓国の立場を少し代弁すると、韓国は、元々、日本に比べると、マヨネーズを使う料理がそれほど多くありません

なので、今までは、マヨネーズに対するこだわりは強くなかったのかなと思うんですね。

しかし、これから韓国でも日本料理が流行っていく中で、マヨネーズの需要も高まり、韓国のマヨネーズもどんどん美味しくなっていくことを願っています!

↓いつも応援して頂き、本当にありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

合わせて読みたい記事