タルゴナ(달고나)という韓国の懐かしいお菓子の楽しみ方


こんにちは!韓国在住日本人のケンです。

先日、家に帰ってくる途中、駅から出たところで、タルゴナ(달고나)を露店で売っているのを見かけました。

(恩平区のヨンシンネ駅は、露店がたーくさん並んでいます^^)

ただ、タルゴナ(달고나)と聞かれても、意味が分からずピンと来ない方もいらっしゃるかと思います。

そこで、ここでは、タルゴナ(달고나)の味や楽しみ方についてお伝えしていきます。

タルゴナ(달고나)とは?

タルゴナとは、砂糖をカラメル風に焼いた薄いお菓子です

韓国語では、달고나と書きますが、日本語での意味は、カルメ焼となっています。

いわゆる韓国に昔からある懐かしいお菓子ってやつです^^

キャラメルみたいな香ばしい味が結構、美味しく感じます。

タルゴナの楽しみ方

タルゴナには、色々な絵が書いてあり、絵のフチが少しくぼんでいます。

そのフチの回りをきれいに取っていくのがタルゴナの楽しみ方です。

でも、タルゴナはちょっとした衝撃で、すぐに割れてしまうため、うまく切り取るのは、結構難しいのです。

今回、その露店でタルゴナを買って、割れないようにそーっと、そーっと持っていったのですが・・・

歩いている途中で、ペキッとイヤーな音がしてしまいました

家に帰ってみてみると、なんと、全部のタルゴナに、キレイな割れ目が(T-T)

しかし、そんな私の努力を知らないかのように、娘は、タルゴナを袋の中で、粉々にした後、一つ一つをつまみながら食べていました・・・

タルゴナの値段の相場は?

ところで、私が露店で買った時、タルゴナが一枚1,000ウォンだったと話したところ、妻から、

「小学校の前だったら、500ウォンで売っているわよ。あなたが日本人って分かったから、高くしたんじゃない?」

と言われました・・・

確かに言われてみれば、そんな気がしてきたぞー

韓国ではスーパーや露店などで値段を表示していないお店が本当に多いです。

ですから、人を見て値段を変えるやり方って意外とあるのかもしれません。

今度、露店でタルゴナを買う時、1,000ウォンと言われたら、

「他では500ウォンで売っていましたよー」

と聞いてみようかと思います。

日本人は韓国ではしたたかに生きて行かないといけないですからね~^^





次の記事: »

前の記事:«

>>全記事一覧はコチラ

2 Responses to “タルゴナ(달고나)という韓国の懐かしいお菓子の楽しみ方”

  1. クウちゃんママ より:

    お久しぶりです!ここ日本(大阪)は大分春らしく、梅の花が可憐に咲いてます(*^_^*)
    先日、旧正月という事で日本でも中国の方や韓国の方も観光に来日されていたのを街中で見掛けました。
    ケンさん!タルゴナって美味しそうですね、トックや揚げ菓子はよくコリアンタウンに行ったら食べるのですが甘いおせんべいのようなタルゴナは食べたことがありません、コーヒーや紅茶にあいそうですね!(^^)!
    売ってる場所によって値段が違うのか日本人だから!?でしょうか?だとしたら足元みられてる!?っていうのはショックです↘
    韓国の露店は値段表示されてないところが多いのですね、それは驚きです、ガメツクいかないとダメですね(~_~;)でも私は大阪人なので値切るのは得意ですよ(笑)
    こんど、コリアンタウンに行ったらタルゴナが売っていたら是非「タルゴナ チュセヨ~!」と言って買います(*^^)v

  2. ケン より:

    クウちゃんママさん
    ご無沙汰しています!
    韓国も少しずつではありますが、暖かくなってきていますよ!
    タルゴナは、駄菓子的には結構おいしい部類に入ると個人的には思っています。
    個人的には、香ばしい甘味が結構好きです。
    スーパーだと値段が書いていなくても、レジでピットすれば、ちゃんと値段が付いているのが分かるんですが、露店だと本当に分からないですよねえ~
    昔は、かなり戸惑いましたが、最近は、「まあそんなものかなあ」と思ったりもしています。
    何でも慣れだのかもしれません^^
    今度、タルゴナ買う時、高かったら、大阪パワーで値引き交渉してみて下さいね^^

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ